Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
7月, 2019 | No:24432 | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 月別アーカイブ:2019年07月 」 一覧

ビットポイントが現状報告と今後の対応方針を発表!

  2019/07/18    ニュース

2019年7月12日(金)にハッキング被害を公表したBITPoint(ビットポイント)が、改めて現状報告と今後の対応方針について発表しています。

[kanren postid=”5745″]

ビットポイントが現状と今後について発表

先週の金曜日にあたる12日に仮想通貨界隈に衝撃が走りました。
Coincheck、Zaifに続き国内の大手取引所であるビットポイントがサービスを次々と中止していきSNS上では不安の声が上がる中、巨額の仮想通貨流失を公表しました。
本記事では2019年7月16日(火)に発表された下記ビットポイント公式サイトに記載されている内容についてお届けします。

仮想通貨流出に関する 現状報告および今後の対応方針 重要なお知らせ【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント

ビットポイントが緊急記者会見

ビットポイントの小田玄紀社長が7月16日に会見を開いています。

また会見の中で補償についても触れており、日本円評価額で返還した場合現行の法律上利確扱いとなってしまう為、仮想通貨の現物での返還を考えているとしています。

現状報告 – 発覚からサービス停止に至るまで

  • 2019年7月11日

    • 21時11分頃 仮想通貨リップルの送金に関するエラーを検知
      BPJの情報システム部門にて対応を開
    • 22時39分頃 仮想通貨リップルの不正な流出を確認
      他の仮想通貨の流出の有無の調査を開始
  • 2019年7月12日
    • 3時00分頃 BPJにて緊急会議を実施
    • 6時30分頃 BPJにおける仮想通貨の送受金を停止
    • 10時30分頃 仮想通貨の売買・交換を含む、BPJの全サービスを停止
    • 13時5分頃 BPJの顧客に対して新たに仮想通貨の受金(預入)および
      法定通貨の入金を行わないようにお知らせ
    • 13時30分 仮想通貨の不正流出に関する適時開示をリミックスポイントにて行う(第一報)
    • 15時30分頃 BPJの口座開設新規申込受付を停止
  • 2019年7月14日
    • 19時15分 仮想通貨の不正流出に関する適時開示をリミックスポイントにて行う(第二報)

流失した通貨および被害総額

  • ビットコイン(BTC)
    数量 : 1,225
    時価 : 1,255,474円
    約15億3000万円
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
    数量 : 1,985
    時価 : 37,350円
    約7400万円
  • イーサリアム(ETH)
    数量 : 11,169
    時価 : 29,694円
    約3億3000万円
  • ライトコイン(LTC)
    数量 : 5,108
    時価 : 11,047円
    約5600万円
  • リップル(XRP)
    数量 : 28,106,343
    時価 : 36円
    約10億2700万円
  • 総額 約30億2800万円

下記の第一報で報告していた際は約35億円との発表でしたが、その後の調査で約30億円となったようです。

仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報) 重要なお知らせ【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント

今後の対応について

  • 顧客預り仮想通貨の全種類(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル)及び全量について、流出相当分の仮想通貨を調達するなどして、既に保有しております。
  • サービスの再開に合わせ、お客様からの請求により払戻しをするなど、可及的速やかにしかるべき対応をさせていただきます。

速やかなサービス再開を目指すとしています。

原因究明について

専門家の協力の元、下記について調査を進めるとしています。

  • 商用系システムログの調査・分析
  • リモート経路等に関する脆弱性調査
  • ウォレットサーバーのフォレンジック調査
  • ホットウォレット実装における脆弱性調査
  • ブロックチェーン解析
  • 不正流出先の調査及び追跡

今後の事業継続について

リミックスポイントおよびビットポイントは合計で約30億円の自己預金残高を保有しており今後の事業の継続に支障はないものと判断しております。

事業の継続は可能だとしています。

以上がビットポイントが7月16日に発表した内容です。
引き続き同社の取り組みに注目が集まります。
また、過去の事件では叶わなかった、犯人が特定されることはあるのでしょうか。
仮想通貨の認知度が高まり続けているだけに、ハッキング事件が起こらなくなることを願うばかりです。

DMM BitcoinがXRP現物取引の開始を発表!¥1,000貰えるキャンペーンも継続中!

  2019/07/16    ニュース

DMM BitcoinがXRP取り扱い開始を発表しました!

DMM BitcoinがXRP現物取引を開始

DMM Bitcoinは、本日(7/10)の週次メンテナンス後の18時00分より、リップル(現物)の取扱いを開始したことをお知らせいたします。
▼詳しくは、当社お知らせページをご覧ください。https://t.co/KhmracVkgr#仮想通貨 #ビットコイン pic.twitter.com/YJEhn8Nftx

— DMM Bitcoin(DMMビットコイン) (@DMM_Bitcoin) 2019年7月10日

DMM Bitcoinが2019年7月10日からXRP現物取引の取扱開始を発表しました!

今後はDMM BitcoinでもXRPの売り買いが可能です。

DMM Bitcoinの現物取引はBTC/JPY、ETH/JPY、BTC/ETHに続き新たにXRP/JPYが追加されて4種類です。

[text-right-st]→ DMM Bitcoin公式サイトはこちら [text-right-ed]

いつもDMM Bitcoinをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年7月10日(水)より、リップル(現物)の取扱いを開始することをお知らせいたします。

■取扱い開始日時
2019年7月10日(水)週次メンテナンス後の18時00分より

「現物取引」にてXRP/JPYのお取引が可能となります。

引用 : DMM Bitcoin

[text-right-st]→ DMM Bitcoin公式サイトはこちら [text-right-ed]

¥1,000貰えるキャンペーンも継続中!

[kanren postid=”4423″]

DMM Bitcoinに新規登録するだけで¥1,000が日本円で貰えるキャンペーンも継続中です!

2019年7月11日12:25現在のレート1XRP=39.469で計算すると約25XRP購入出来ます!

入金など追加条件は無しで新規登録(口座開設)手数料&口座維持手数料も無料なのでノーリスクで25XRPをゲット出来るチャンスとなっています!

[text-right-st]→ DMM Bitcoin公式サイトはこちら [text-right-ed]

[aside type=”boader”]

DMM Bitcoinのもれなく¥1,000貰えるキャンペーンについては下記の記事で詳しく解説しています。

[kanren postid=”4423″][/aside]

[ex-jp-DMM_Bitcoin]

最大¥12,000貰える!DMM Bitcoinがダブルキャンペーンを開催!

  2019/07/16    BITPoint, 取引所&販売所

DMM Bitcoinが開催しているダブルキャンペーンの詳細について解説します。

DMM Bitcoinダブル記念キャンペーンの概要

今回のダブルキャンペーンは、下記の2つのキャンペーンの同時開催となります。

[aside type=”boader”]

  • ①XRP入庫キャンペーン
  • ②取引高キャンペーン

[/aside]

それでは開催期間と各キャンペーンの詳細について解説します。

[text-right-st]

→DMM Bitcoin公式サイトはこちら

[text-right-ed]

ダブルキャンペーンの開催期間

2019年7月17日(水)18時00分~2019年8月1日(木)6時59分

どちらのキャンペーンも同じ期間の開催となっています。

①XRP入庫キャンペーン

[aside type=”boader”]

  • 対象 : 新規と既存のお客様
  • 条件 :
    (1) 期間中にXRP(リップル)を1回以上入庫された方
    (2) 期間後の翌月5日時点(6日の6時59分)のXRP残高が、1,400XRP以上
  • キャッシュバック : 1,000円

[/aside]

(1)と(2)両方の条件を達成すると¥1,000円がキャッシュバックされます!

[text-right-st]

→DMM Bitcoin公式サイトはこちら

[text-right-ed]

②取引高キャンペーン


[aside type=”boader”]

  • 対象 : 新規と既存のお客様
  • 条件 :
    (1) 期間中に仮想通貨の現物・レバレッジに関わらず、取引高の累計が50万円以上である方
    (2) 期間後の翌月5日時点(6日の6時59分)の純資産額が20万円以上
  • キャッシュバック : 10,000円

[/aside]

(1)と(2)両方の条件を達成すると抽選で100名様に¥10,000円がキャッシュバックされます!

[text-right-st]

→DMM Bitcoin公式サイトはこちら

[text-right-ed]

新規登録でも¥1,000貰える!

『新規口座開設完了(無料)で、もれなく1,000円プレゼント!』キャンペーンも実施されているので、まだDMM Bitcoinに登録していないユーザーはさらに¥1,000が貰える!

[kanren postid=”4423″]

[text-right-st]

→新規登録(無料)はこちら

[text-right-ed]

DMM Bitcoinで仮想通貨を始めよう!

以上がDMM Bitcoinダブルキャンペーンの詳細で、新規登録+全て達成して抽選に当たれば最大で¥12,000も貰えます!

XRP現物取引が開始されたDMM BitcoinにXRPを入庫すればキャッシュバックが貰える今回のお得なキャンペーン!

新規ユーザーなら必ず¥1,000も貰えるので、この機会にDMM Bitcoinに登録して仮想通貨を始めましょう!

[ex-jp-DMM_Bitcoin]

ディーカレットが34億円の資金調達を発表!

  2019/07/16    ニュース

ディーカレットが34億円の資金調達を発表しています。

ディーカレットが資金調達に成功!総額34億円の大規模調達

【ディーカレットからのお知らせ】
このたび、総額34億円の第三者割当増資による資金調達を実施いたしました。ディーカレットは、パートナー企業拡大によるデジタル通貨事業を加速してまいります。詳しくは、プレスリリースをご覧ください→https://t.co/8aezu08D5Z

— ディーカレット (@DeCurret) 2019年7月11日

国内で仮想通貨取引所を運営するDeCurret(ディーカレット)が新たに34億円の資金調達したことを発表しています。

同社のプレスリリースによると今回出資を受けたのは下記の12社です。

[table id=5729-001 /]

また同社の既存株主は下記です。

[table id=5729-002 /]

株式会社インターネットイニシアティブを除く11社が新たに株主として加わることでディーカレットの株主構成は30社となります。

交通や通信の仮想通貨決済なるか

ディーカレットのロードマップによると時期こそ明言されていませんが仮想通貨FXの前に決済サービスの開始とあります。

JR東日本から出資を受け、今回さらにKDDIからも出資を受けている為電車料金や携帯料金の仮想通貨決済サービス開始への期待が高まります。

海外では既に米国最大手の電話会社AT&Tが仮想通貨払いを受け付けている例もあり、もしKDDIが仮想通貨決済を開始すれば日本初の大手キャリアの携帯料金の仮想通貨支払い開始にもなります。

[text-right-st]

AT&T、仮想通貨による支払い受け入れへ – AT&T| 海外の仮想通貨ニュース速報

[text-right-ed]

[ex-jp-Coincheck]

【速報】BITPoint(ビットポイント)がハッキング被害!35億円流出!

  2019/07/12    ニュース

ビットポイントがハッキング被害を受けたことを発表しています。

被害額は約35億円 – BITPoint

今回の不正な流出の対象となった仮想通貨の数量、流出額については詳細を調査中でありますが、流出額は概算で約 35 億円(うち、お客様からの預かり分約 25 億円、BPJ 保有分約 10 億円)(換算レートは 2019 年7月 11 日 16 時時点の価格)と、現時点では見込んでおります。なお、詳細が判明次第、速やかに公表いたします。

なお、BPJ がホットウォレットで管理している仮想通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄であります。

引用 : 当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント

現在判明している被害額は約35億円に上る見込みで、うち25億円は顧客の預かり資産とあります。

流出発覚までの経緯について

経緯
今回発生した事実とその対応につきましては、以下のとおりであります。

2019 年7月 11 日 22 時 12 分頃 リップルの送金に関するエラーを検知。BPJ の情報システム部門等で対応開始。
22 時 39 分頃 リップルの不正な流出を確認。他の仮想通貨の流出の有無の調査を開始。
2019 年7月 12 日 2時 00 分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。
3時 00 分 BPJ にて緊急会議を実施。
6時 30 分 BPJ における仮想通貨の送受金を停止。
10 時 30 分 仮想通貨の売買・交換を含む、BPJ の全サービスを停止。

引用 : 当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント

最初に流出に気付いたのは7月11日の22:12、最初に送受金停止の対応を行ったのが翌6:30とあります。

過去に他の取引所で発生したハッキング事件のように、今回の補償は仮想通貨で行われるのか、もしくは日本円で行われるのかなど今後に注目が集まります。

[ex-jp-Coincheck]

TOPへ