Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
8月, 2018 | No:23694 | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 月別アーカイブ:2018年08月 」 一覧

【9月4日システムメンテナンス終了後】QUOINEXがLiquidへの移行を正式発表!

  2018/08/30    ニュース

国内取引所を運営するQUOINEが、9月4日のシステムメンテナンス終了後に新しい取引所サービス「LIQUID」をローンチすると発表しました。

[aside type=”boader”]システムメンテナンスに伴うサービス停止の後、新サービスが利用可能となります。
メンテナンス予定:9月4日(火)午前11時より24時間前後[/aside]

QUOINE社CTOもローンチを待ちきれない様子

CTO(Chief Trading Officer) であるアンドレ氏が新しいサービスのローンチについて日本語で説明してくれています。

公式ツイッターはこちら。

【CTrO アンドレよりLiquidローンチに関して改めてご説明】

先週金曜日お伝えしましたLquid(リキッド)ローンチに関しまして
改めて弊社Chief Trading Officer アンドレから動画にてご説明いたします。https://t.co/axyg2qY2px

Liquid移行総合アナウンスページはこちらhttps://t.co/GEu5rbo24o pic.twitter.com/cuEunKXf4H

— QUOINE Japan 公式 (@QUOINE_Japan) 2018年8月28日

取引所としてのLiquidの特徴

LiquidはQUOINEXとQRYPTOSを統合した新しい取引所

QUOINEXは日本国内の取引所ですが、QRYPTOSはシンガポールを拠点としています。
どちらもQUOINE社が運営していましたが、今回取引所「Liquid」として統合されることとなりました。

追加される3つの新機能

QUOINEXからLiquidへの移行で追加される新機能は下記です。

[aside type=”boader”]

  1. マルチマーケットオーダーズ
  2. 仮想通貨 Lending App
  3. QASHユーティリティ

[/aside]

仮想通貨 Lending Appでは、保有している仮想通貨を有償で貸し付けることができるようになります。
すでに同様のサービスを提供しているのはbitbank(ビットバンク)のサービスが有名ですね。

また、ユーティリティ部分では独自通貨のQASHを保有していることによる特典にも注目が集まりそうです。
手数料割引のほか、コミュニティ内での投票などにも活用していくとのことで、ユーザーにとって単なる取引以上の楽しみが増えそうです。

マルチマーケットオーダーについては下に詳しく説明します。

マルチマーケットオーダー(MMO)で流動性向上に期待

ご存知の方も多いかもしれませんが、Liquid最大の特徴であるマルチマーケットオーダーブック(MMO)について触れておきます。

MMOとは、異なる法定通貨同士の取引を可能にするものです。
世界の取引を一つの市場にまとめ、なおかつ日本なら日本円での通貨ペアのまま世界中と取引ができます。

1つの取引所で行われていたものが複数の取引所を含めるとなれば、その分流通量は増えて流動性が向上しますから、より活発な取引が期待できるというわけです。

マイナーな通貨の取引ペアでも、取引動向をしっかり観察して発注することができそうです。

移行に伴う入出金の注意点

アンドレ氏の動画の最後でも案内がありましたが、システムメンテナンスに伴い全ての入金が停止されます。
2018年9月3日午前11時以降に行われた入金申請は、Liquid移行後に反映されます。

また、2018年9月3日午前11時以降に出金申請はできません
Liquid完全移行後に改めて行う必要があります。

[aside type=”warning”]注意
入出金停止期間
2018年9月3日午前11時〜システムメンテナンス終了まで
[/aside]

取引アプリはライト版へ移行しておこう!

Liquidへの移行に伴い、現行の取引アプリ「QUOINEX Pro版」はサービス終了となります。
スマホでサクサク取引をしたいユーザーは、今のうちにライト版アプリをダウンロードして取引に慣れておきましょう。

なお、ライト版アプリについても9月4日以降は「Liquid(リキッド)ライト版」にアップデートされる予定です。

iOS版はこちら

Android版はこちら

レバレッジ取引もおすすめなLiquid(QUOINEX)!

[ex-jp-QUOINEX]

[kanren postid=”3795,475″]

【QUOINEXでのレバレッジ取引に朗報!】ポジション料率を0.025%とする取引条件変更を実施!

  2018/08/29    ニュース

国内取引所QUOINEXが、レバレッジ取引に関する条件変更を発表しました。

レバレッジ取引条件変更に伴う取引ルールの変更

発表は2018年8月21日にツイッター上で行われました。

【重要】 システムメンテナンスおよびレバレッジ取引に関する条件変更のお知らせ

システムメンテナンスの実施と、レバレッジ取引条件変更に伴う取引ルールの変更を行うことになりましたので、ご連絡いたします。
詳細については下記のURLをご参照下さい。https://t.co/vKdwMIPsMZ pic.twitter.com/OOGSXvLEm2

— QUOINE Japan 公式 (@QUOINE_Japan) 2018年8月21日

詳細は公式フェイスブックで確認することができます。

ポジション料の支払いタイミングとポジション料率が変更に!

変更の概要を下記にまとめます。

[aside type=”boader”]

  • 変更日時
  • 8月23日(木)12時(日本時間正午)

  • 変更内容
  • ポジション料の支払いタイミング
    ポジション料率の軽減

[/aside]

変更内容の詳細は下のの比較表をご確認ください。

変更前ルールではポジション料は建て玉時および翌日に持ち越しとなった際に発生していました。
変更後では建て玉時の支払いがなくなり、翌日持ち越しの場合のみとなっています。

また、0.05%だったポジション料率が半分の0.025%になったことも見逃せません。
既存ユーザーだけでなく、少しでも有利にレバレッジ取引をしたいと考える新規ユーザーが増えそうです。

[aside]補足
ポジション率とは、レバレッジ取引における手数料のようなものです。
[/aside]

ユーザーの反応

登録します

— メタタローBTC・ドル円 (@pc8000) 2018年8月21日

本格的にQuoinexに引越し考えていいレベル https://t.co/ngnYp7v5PK pic.twitter.com/0NiAWiyYL7

— Aoiue-BtcFxBotter (@t_ura2008) 2018年8月21日

QUOINEがTLであふれかえってるがなにかあったのかな とおもったらこれか。

— 一向 進 (@1192shin) 2018年8月21日

レバレッジ取引するならQUOINEXがおすすめ!

[ex-jp-QUOINEX]

[kanren postid=”3169,475″]

9月30日締切!【画像付】BITPoint(ビットポイント)に登録して「3,000円」のビットコインを貰った話

本コラムでは、BITPoint(ビットポイント)のキャンペーン開催中に新規登録して「3,000円」相当のビットコインをもらった流れをお話します。

[btn class=”lightning big”]BITPoint 公式サイトはこちら [/btn]

BITPoint(ビットポイント)で現在開催中のキャンペーン!

[campaign-bitpoint]

「3,000円」相当のビットコインが、実際に付与された!

上はBITPoint(ビットポイント)の管理画面の「資産状況」ですが、ビットコインが付与されていることが確認できます!

元々1,000円を日本円で入金していたので、「円換算合計」の 4,121円 から 1,000円引いて 「3,121円」 となります。
※ 付与されたタイミングよりもビットコイン価格が 121円分 上がったので 4,121円 となっています。

ビットポイントの「3,000円」分のビットコインプレゼントキャンペーン開催中にアカウントを登録(口座開設)すると、本当に3,000円分のビットコインがもらえます!

それでは次は、プレゼントをもらう流れをお話していきます。

BITPoint 公式サイトはこちら

BITPointに登録して「3,000円」分のビットコインを貰った流れ

それでは早速BITPointに登録して「3,000円」分のビットコインを貰った流れについてお話していきます。

BITPoint 公式サイトはこちら

前提 : キャンペーン開催時を狙う!

まず最初に重要なポイント、というか当たり前の話しなのですが、「キャンペーンが開催されているか?」が大事です。
(開催されていなければプレゼントも貰えません。)

BITPointのサイトでは過去のキャンペーン開催も確認できて、ほぼ一ヶ月に一回のペースでキャンペーンが開催されているようです。

ちなみに私は「初めての仮想通貨取引 応援キャンペーン 第九弾」という、2018年7月1日(日)0時 ~ 2018年7月31日(火)16時に開催されていたキャンペーン時に申し込みました。

BITPoint 公式サイトはこちら

登録 : 新規登録しよう!

キャンペーン開催が確認できたので、早速登録を進めました。

登録方法の流れは他の取引所などと大体一緒なので割愛します。
仮想通貨の取引所に初めて登録する人は、あらかじめ下記を用意しておくとスムーズに登録できます。
[aside type=”boader”]

  • 免許証を撮影しておく
    身分証のアップロードが必要なので、あらかじめ撮影しておきましょう。
    免許証以外でもOKのようです。
    ※ 住所変更などある人は裏面も撮影しておくと良いかも…

[/aside]
取引所の登録で定番な「私は外国政府の要人ではありません」チェック項目ももちろんありますので、要人じゃありませんと入力していきましょう。

特に入力に難しいところはないので、さくさくいけば5分程度で完了するはずです。

<!– BITPoint 公式サイトはこちら –>

[aside type=”boader”]

念のため「条件」も確認しよう!

キャンペーンには「登録 + 入金」のように条件がある場合があります。

私が登録した時の「初めての仮想通貨取引 応援キャンペーン 第九弾」では「登録 + 入金」だったので、その時々で開催されているキャンペーンの内容をしっかりと確認しておきましょう。

[/aside]

後はプレゼントが「付与」される時を待つ!

登録が終わったら、後はキャンペーンのプレゼントが付与されるのを待ちましょう!

付与は、キャンペーン期間終了後から大体約一週間くらいの期間になるかと思います。

BITPoint 公式サイトはこちら

余談 : BITPointはサポートも超一流だった!

BITPointに登録した後に、キャンペーンについて2度問い合わせをしてみました。

ビットポイントの問い合わせの対応は、業務時間内となっていますが、どちらも返答が「超速い」ので感動しました。

上の画像の問い合わせでは、プレゼント分の付与がいつになるかをメールで聞いたのですが、メールを送った15:12からわずか一時間程の16:17に返信があり、さらに即付与の対応をしてもらいました!

取引所によってはサポート体制があまり充実しておらず、メールの返信が一ヶ月以上かかるところもある中で、ビットポイントの「一時間で返信」はかなり速いかと思います。

さらにビットポイントでは、他取引所にはない「電話でのサポート」にも対応しているので、初めて仮想通貨の取引をする人にはとても打って付けな取引所です!

BITPoint 公式サイトはこちら

「プレゼントキャンペーン」とは「初心者を応援」する特典である!

BITPointに限らず、仮想通貨(ビットコイン)や日本円のプレゼントキャンペーンは、見出しの通り「初心者を応援」するキャンペーンかなと思います。

仮想通貨の投資に今ひとつ踏み込めない人や、とりあえず「仮想通貨の取引」とはどんなものなのかを知りたい、取引をやってみたい、という人に打って付けです。

なぜなら、プレゼントでもらえる「3,000円」分のビットコインでも「充分遊べる」からです。

2018年8月28日現在はビットコイン価格も75万円くらいなので、3,000円でも売ったり買ったりして「実際の現物取引」を体験できますし、貰ったビットコインなので取引で損を出してしまったり、最悪無くなったりしても「痛くも痒くもない」です。
※ 上手い人やセンスのある人は、これを足掛かりに増やしていったり出来るのかなと思います。

もしくは、ビットコインをすぐに取引して日本円に替えて出金するのもありかもしれません。
※ ビットポイントは0.0001から取引可能です。

または、取引にあまり興味のない「いつか値上がりしてくれればいいな」と思っているいわゆる「ガチホ勢」にもキャンペーンはおすすめです。

貰ったビットコインに夢を馳せることもできます。

仮想通貨を始めるなら、ぜひ「プレゼントキャンペーン」を狙って登録してください!

BITPoint 公式サイトはこちら

さいごに : 仮想通貨取引所のキャンペーンは「狙い目」である

仮想通貨取引所は各社で「○○キャンペーン」を行っています。

プレゼントキャンペーンを行っている取引所だと他には「GMOコイン」「DMM Bitcoin」 も頻繁にキャンペーンを行っています。

まだ登録していない取引所があるなら、ぜひ「プレゼントキャンペーン」狙ってみてください!

[ex-jp-BITPoint]

[campaign-bitpoint]

[kanren postid=”3690″]
[kanren postid=”743″]
[kanren postid=”3632″]
[kanren postid=”3728″]

Huobiは世界最大級の仮想通貨取引所!世界シェア50%を超える「フォビ」の特徴を解説!

  2018/08/29    Huobi

アジア発の取引所で世界第3位(2018年8月7日現在)の取引量を誇る仮想通貨取引所「Huobi」(フォビ)

アルトコインの売買をするなら必ず一度は耳にしたことがある取引所かと思います。

本記事では、そんなHuobiの取扱通貨を中心に、特徴について解説していきます。

<!– –>

[btn class=”lightning big”]Huobi公式Twitterはこちら![/btn]

Huobiの特徴 – グローバルに展開している取引所!

Huobi | デジタル資産の金融ハブ

Since its establishment in 2013, Huobi’s accumulative turnover has exceeded $1 trillion and once became the world’s largest digital asset exchange with a global share of 50%.
Financed by ZhenFund and Sequoia Capital, Huobi Group has invested in more than ten upstream and downstream enterprises.
It has established compliance service teams in Singapore, US, Japan, South Korea, Hong Kong, Thailand, Australia with its secure and credible trading and asset management services to millions of users in 130+ countries.


Huobiの2013年の設立以来、Huobiの累積売上高は1兆ドルを超え、かつては世界最大のデジタル資産取引所となり、世界シェアは50%でした。
ZhenFundとSequoia Capitalが資金を調達したHuobi Groupは、10以上の上流企業と下流企業に投資してきました。
シンガポール、米国、日本、韓国、香港、タイ、オーストラリアのコンプライアンスサービスチームを130以上の国々の数百万人のユーザーに安全で信頼できる取引と資産管理サービスを提供しています。

引用 : Huobi

2013年に設立された「Huobi」は、累積取引高が「1兆ドル」超え、今では世界シェアの取引高の半分である50%を占める程の仮想通貨取引所を運営する、世界最大級の企業へと成長しています。

現在もシンガポールを拠点にして、世界各国でグローバルに展開しています。

[kanren postid=”1868″]

また、実現はしませんでしたが、一時期は日本の「SBIホールディングス」との業務提携の話も進むなど、精力的な活動を続けています。

[kanren postid=”589″]

Huobiの呼び方 – Huobi(フォビ)

✅おとなりさんに聞いてみよう!✅

👇👇👇今日のお題👇👇👇
『次のコインのうち、一番注目しているのはどれですか?』#huobi #フォビ #仮想通貨 #アンケート

— Huobi Japan (@HuobiJapan) 2018年8月4日

上記のHuobi Japan公式TwitterアカウントのTweetを見るとわかりますが、Huobiは日本語では「フォビ」と読みます

ちなみに中国語では「火幣」と書きます。

Huobiの取扱通貨一覧 – 100種類以上を取引できる

フォビでは、2018年8月7日現在で「100種類」を超える膨大な数の仮想通貨を取り扱っています。

ドルとのペッグ通貨であるUSDTの取り扱い等、話題の通貨や人気のアルトコインは軒並み取り扱っているという印象を受けるラインナップとなっています。

[table id=3550-001 /]

取扱通貨の中には、日本の取引所でも扱いのある下記も含まれています。
[aside type=”boader”]

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • Litecoin
  • XRP
  • NEM
  • Lisk
  • QASH

[/aside]

取り扱い通貨の解説あり!

取り扱っている「通貨」のListはよくあるのですが、取引所としては非常に珍しい「通貨解説ページ」が存在します。

Asset Introduction(資産紹介)ページのDigital Asset List(デジタル資産リスト)から確認することができるので、仮想通貨でよくある
[aside type=”boader”]

  • シンボル(ティッカー、通貨単位)が同じだけど、正式名称が違う( = 別の通貨)かもしれない···

[/aside]
といった不安な時に、すぐに調べて確認することができます!
※ 取引所によっては、通貨の詳細(正式名称)を記載するページが無いということもざらにありますし、取り扱い通貨のリストすら無いという取引所も存在します。

または、
[aside type=”boader”]

  • 取引高が多いけど、聞いたことの無い仮想通貨
  • 人気、もしくは話題になっている通貨

[/aside]
というような「ちょっと気になる」時にも、すぐに調べることができます。

Huobiの強み

世界基準のセキュリティ

Huobiの強みには、多数の国で取引所を展開し続けられている世界最高水準のセキュリティがあります。

またTwitterアカウントが各国専用の言語で用意されているように、グローバル展開されている取引所らしく各国のオペレーションチームを擁している規模の大きさも強みです。

併設された「HADAX」では新規上場通貨の投票も!

Huobiの取引所内で設置されている「HADAX」リンクから、併設されているHuobiグループの仮想通貨取引所「HADAX」(ハダックス)へアクセスできます。

この「HADAX」では、新規上場する通貨を「投票」によって決めています。

さらにこの「HADAX」にて一定の基準を満たすと、Huobiに上場することができます。

洗練されたUIデザインが魅力!

Huobiの取引は、上の画像のようにとても見やすくシンプルに構成されています。

老舗取引所ならではの、使いやすさを考え抜かれたUIデザインもHuobiの魅力です。

手数料は一律「0.2%」!

フォビの手数料は一律 「0.2%」 となっています。

手数料の安さも、ユーザーに人気となっています。

公式Twitterでは仮想通貨ニュースを配信中!

Tweets by HuobiJapan

Huobi Japanの公式Twitterアカウントでは、仮想通貨に関するニュースを配信しています。

グローバルに展開している企業らしく、海外の仮想通貨ニュースに余すことなく配信しているので、興味のある方はぜひHuobiのTwitterアカウントをフォローしましょう!

<!– –>

[btn class=”lightning big”]Huobi公式Twitterはこちら![/btn]

[kanren postid=”2620″]

One Tap Buyで楽々低額投資!千円から株が買えるワンタップバイのやり方や銘柄、手数料を解説!

  2018/08/24    便利ツール

仮想通貨投資同様、株式投資にも興味があるという方もいるのではないでしょうか?

株式投資というと、仮想通貨の投資とは異なり初期投資をするのにまとまった額が必要だったり証券会社とのやり取りが必要だったりと、ハードルの高いものと感じている方も多いようです。

そんな「株式投資」に手が出ないと思っていた人でも簡単に株式投資が始められるアプリがあるのをご存知ですか?

日本株だけではなく米国株も購入でき、初期投資は1,000円からと、低額からの投資が可能。
しかも儲かる可能性が高い!

今回はそんな簡単株式投資アプリワンタップバイをご紹介します。
特徴から口座開設のやり方まで、徹底解説していきます!

One Tap Buy

One Tap BUY(ワンタップバイ) 公式サイトはこちら

One Tap BUY(ワンタップバイ)とはどんなアプリ?

ワンタップバイとは、2013年に設立された株式会社One Tap BUYが、日本初のスマホ証券として2016年6月にサービスを開始したアプリです。

10年ぶりのネット証券新規参入としても話題になりました。
先ほどご紹介した通り、スマホで簡単に株式投資ができるのが一番のメリット。

現在、下記3つの投資方法にあわせたアプリがリリースされています。

[aside type=”boader”]・One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株
・One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株
・積み立て投資専用アプリ「積み株」
[/aside]

もちろん、iOSとAndroidのどちらにも対応しています。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株とは?

One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株とは、上場している日本企業のうち、優良企業30社の株が買えるアプリ
これまででは、1株あたりの値段が高く手が届かなかった大企業の株式も1,000円から手軽に買うことができます。

また、「まるごと日本株」というサービスでは、株式の分散投資も行えます。
「まるごと日本株」サービスで取引できるのは下記3種類です。

ETFでは、市場全体の値動きで損益が変わっていきます。
長期的に資産を増やしたい人には、「相場が上がったら儲かる」がオススメ。
短期的に利益を得たい人には「相場が上がったら2倍儲かる」を選択しましょう。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株とは?

One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株は、ニューヨーク証券取引所とNASDAQで取引されている銘柄のうちAmazonやマクドナルドといった世界的に有名で日本人にも馴染みのある優良企業30社の株が購入できるアプリです。

日本株同様、米国株でも大手企業の株を手軽に買えるのがメリットと言えます。
また、おなじく日本株同様、「まるごと米国株」という分散投資のサービスもあります。

分散投資の取引は下記3種類です。
「儲かる」方法がわかりやすいのであなたの考え方、タイプにあわせて選択ができます。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

積み立て投資専用アプリ「積み株」とは?


ワンタップバイが提供している株の自動積立専用のアプリです。

自分で最初に設定をすれば、後は一定額を決まったスケジュールでアプリが自動積立してくれます。
証券会社を通じて株の積み立てをしようとすると、手続きが多かったり、手間がかかることが多いです。

一方でOne Tap BUYならいつでもどこでもアプリで設定・変更・停止等が簡単にできます。
自分に無理なく、長期的に株の積み立てをしたいという人のためにはちょうどいいアプリです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴とは?

日本株30・米国株30の有名銘柄を手軽に投資できる!

ワンタップバイでは、日米有力企業の30の有名銘柄株を取り扱っています。

[table id=44 /]

日米それぞれ30銘柄ですが、日本株ではトヨタ自動車やセブン&アイホールディングスなど、比較的安定した経営をしている大企業が多いラインナップです。

一方、米国株ではフェイスブックなど革新的なサービスを提供している勢いのいい会社や、コカ・コーラなどの老舗の会社まで幅広いラインナップです。

金額単位での取引が可能!1,000円から気軽に株式投資ができる!

通常の株式投資だと、単元株数単位でしか取引できませんでした。
単元株の購入方法は、単元が1株なら1株ごと、100株なら100株ごとしか買えないという仕組み。

単元は多くは企業側の方で決定されており、端数での購入もできないというのがデメリットでした。
また、1株あたりの値段が高いと、そもそもある程度資金がないと1株も買えないという株式も存在します。

しかしワンタップバイでは、1,000円単位での取引が可能。
一般の証券会社では、株数、使い方(成行、指値など)、指値の場合の株価などを入力しなくてはなりませんが、One Tap BUYでは○○円分の株を買う、という買い方ができます!

また、ワンタップバイでは1,000円から株式投資が可能。
1,000円からリアルタイムで株式投資できる仕組みは日本初なんだそうです。
少額から株を始めてみたい、株で儲かる!をちょっと体験したい!という人には非常にマッチしたサービスと言えます。

ちなみになぜほかの証券会社とは異なり、1,000円単位での株取引ができるのでしょうか?
それは、いったんワンタップバイが取り扱い銘柄の株を購入し、それを1,000円単位に分けてユーザーに販売するというスタイルをとっているためです。

ですから、通常株の取引は市場の開いている時間にしかできませんが、ワンタップバイでは米国株は24時間365日取引可能になっています。
(日本株は市場開場時間の9時~14時59分までです。)

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

スマホ専用証券。ユーザーの多くが未経験者だからサポートも充実。

日本初のスマホ証券だからこそ、見やすく・使いやすい株取引画面を実現。
上記画像はアプリのイメージ画像ですが、このように直感的に操作しやすい造りになっています。

スマホが普及した現代だけに、スマホでの株取引にストレスがない環境が提供されていますね。
このためか、ワンタップバイが行った2018年2月の調査によると、ユーザーの74.5%が株式投資未経験者なんだそうです。

また、株未経験者が多いので電話・メールでしっかりサポートしてくれ、口座開設から取引方法まで、気軽に問い合わせ可能です。
ブラウザでのFAQや使い方の説明も充実していますし、アプリ内で株に関するマンガや記事も読めます。

これを機に勉強したいというニーズもしっかり満たしてくれます。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

セキュリティ面でも初心者に安心の仕組み。

株のことがよく分からない初心者にとって、うまくお金を運用できるのか、管理状況はどうなるのかという部分は不安になります。
その点、下記3点からワンタップバイはユーザーの資金を保全してくれます。

<ガード1> 信託銀行による管理
One Tap BUYに入金されたお金は、みずほ信託銀行が保管・管理しますので、One Tap BUYに万一のことがあってもお客様からお預かりしたお金に影響が及びません。

<ガード2> 信託法
みずほ信託銀行に万一のことがあった場合でも、信託法により、信託財産は守られます。

<ガード3> 投資者保護基金
予想外の事件に巻き込まれるなど、上記によっても守られなかった場合でも、投資者保護基金により1人のお客様につき1,000万円まで保全されます。

未成年者でも口座開設可能!

One Tap BUY(ワンタップバイ)では、未成年者の口座開設も可能です。
14歳までは、親権者が口座開設していることが条件に入りますが、15歳~19歳は親権者の口座がなくても自分の口座を開くことができます。
もちろん、親権者の同意事項は下記のように決められています。

未成年者のお取引の特殊性から、親権者の方には次の事項にご同意いただきます。
1:未成年者が口座を開設すること。
2:14歳以下の未成年口座に係る取引は親権者が行うこと。
 15歳以上の未成年口座(親権者が処分を許した財産)に係る取引は本人が主体となって行うこと。
3:同口座で行われる取引の効果は未成年者に帰属するものであること。
4:パスワード等口座情報の管理について、親権者が責任を負うこと。
5:同意書に署名捺印した者の他に親権者がある場合、その者も同意するものであることを保証すること。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)のデメリットは?

取り扱い銘柄が少ない

まず挙げられるのは銘柄の少なさです。
一度ワンタップバイが購入した株をユーザーに販売するというスタイルである以上仕方のないことかもしれませんが、日本・米国それぞれ30銘柄ずつの取り扱いですので、それ以外の銘柄の株がほしいとなるとネット証券等、ほかの手段を探さなくてはなりません。

手数料等がネット証券より高額になる可能性がある

ワンタップバイのもう一つのデメリットとして、手数料が比較的高いというように言われています。

ワンタップバイ米国株では、「直近の米国各証券取引所(NYSE、NASDAQ、ECN(電子証券取引ネットワーク)等)の中から、最適な条件による気配基準値または直前に終了した市場の終値を参考に、合理的かつ適正な方法で「基準価格」を算出し、取引時間によって0.5~0.7%のスプレッドをかけ買付けの場合には加算した金額、売付けの場合は減算した金額を、それぞれ「取引価額」としています。

日本株では、0.5%のスプレッドになります。

しかし、売買を月に何回もするとなると、この手数料は非常にきついですよね。
そこでワンタップバイでは、下記のような、定額プランも選択できます。

この定額プランなら、何度売買を行っても、980円以上月にかかることはありません!
また、その都度手数料のかかる通常の「都度プラン」に戻すことも可能です。
取引を何度もする人は一度検討してみるといいと思います。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)を口座開設して、実際に投資してみよう!

ワンタップバイを使うにあたっては、下記画像のようにブラウザでも画面で確認できるガイドがあり非常に便利です。

ワンタップバイの口座開設・取引のやり方は非常に簡単ですが、それでも困ったことがあればこちらのガイドを頼ってみましょう。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式ページより 

まずは口座開設!

One Tap BUY(ワンタップバイ)口座開設ページより 

口座開設は上記の3ステップで行います。
やり方は非常に簡単。

口座解説ページで個人情報の入力をし、免許証などの本人確認書類をアップロードします。
申し込みフォームは生年月日を入力すると、下記のような個人情報の入力ページに移ります。

主な入力内容
  • 氏名
  • 住所
  • 会員ID(自分で作成し設定)
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 年収
  • 投資目的
  • 資産状況
  • 雇用形態・会社名等
  • 反社会的勢力ではないことの確認(チェックをする)
  • インサイダー取り引きにあたる内部者ではないかチェック

このような内容の入力を行い、最終ページでマイナンバーと身分証明書の画像を送付すると入力が完了します!

口座開設が完了すると、ログインIDやパスワードが記載された簡易書留が送られてきます。
それらを使ってアプリにログインすると取引が開始できます!

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

株を買ってみよう!

株の買い方も、たった3ステップです!
やり方は非常に簡単。3タップで完了します。

①まずは買いたい銘柄を選びましょう!

②次に、「入金する」をクリック!

あとは振込を済ますだけです!

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

twitterの#ワンタップバイで口コミをチェック!

ワンタップバイについて、twitterではどんな口コミがあるのでしょうか?
実際に儲かるのか?運用してつぶやいてくれている人をチェックするのが一番です。
「#ワンタップバイ」で調べてみました!

積み株もいい感じに上がってます。 #ワンタップバイ pic.twitter.com/xIB35uaZh6

— nana (@nanana77077) 2018年8月20日

P&Gから配当金が入金されました(^o^)
ワンタップはバイで投資して初の配当金だから嬉しい#ワンタップバイ pic.twitter.com/YmWt9gIuEZ

— ryota23 (@ryota23keiba) 2018年8月16日

このままキープしてくれたら嬉しいなぁ😊
最近は何もしていません😊
#ワンタップバイ pic.twitter.com/mgSh5qLTGA

— 助産師もっけ (@mockemocke55) 2018年8月14日

おわりに

いかがでしたか?
初心者でも日本株や米国株を簡単に始められ、儲かるかもしれないアプリ、One Tap BUY(ワンタップバイ)をご紹介しました。
難しそうに感じられた株取引も、いまはスマホアプリで、指先だけで出来てしまいます。

口座開設のやり方と取引のやり方もご紹介してきましたが、これまでの株式投資のイメージとは違い、かなり簡単だったかと思います。
少額から挑戦できるのも非常に魅力的ですよね。

口座開設の手続きもスマホで簡単にできてしまうので、ぜひチャレンジしてみてください!

One Tap Buy

One Tap BUY(ワンタップバイ) 公式サイトはこちら

一般社団法人Ethereum Japan(イーサリアムジャパン)が設立!

  2018/08/24    ニュース

Ethereumの普及を目的とした一般社団法人が設立されました!

日本語ツイッターも開設済み

完全日本語でイーサリアムやDAppsに関する情報を発信していくとしています。

Ethereum Japan(イーサリアムジャパン)は、日本におけるイーサリアム・エコシステムの伝播をミッションとするコミュニティです。https://t.co/jLV9IVFbSq#EthereumJapan #イーサリアムジャパン

— Ethereum Japan (@ETH_Japan) 2018年8月13日

イーサリアムのことはもちろん、ブロックチェーン関係の注目ニュースについてもつぶやかれています。

一般社団法人 Ethereum Japanの概要

以下、公式ホームページより「Mission」として掲げている内容をご紹介します。

Ethereum Japanは、
『日本におけるイーサリアム・エコシステムの伝播』に貢献することを
ミッションとして掲げています。

イーサリアムに関わるすべてのプロジェクトが日本に語りかける場を提供し、
直接的なコミュニケーションを通して、
プロジェクトを正しく理解するコミュニティを形成していきます。

スタートアップや投資家だけでなく、純粋にイーサリアムに興味・関心があるすべての方が、
Ethereum Japanの一員です。

Ethereum Japan公式ホームページ

主に日本国内でのEthereumの普及と発展に貢献することを目的とし、ミートアップなどを通してその活動を広げていくとしています。

[aside]補足
一般社団法人とは、非営利の法人のことです。
公益性が不要であることが公益社団法人との違いで、営利法人である株式会社などと同様収益事業や共益事業なども行うことができます。
[/aside]

毎月4回ミートアップを開催予定

2018年2月より、平均して毎月4回のペースでミートアップを開催しています。

直近では、ハードウェアウォレットで有名なLedgerのCTOかつファウンダーであるNicolas Bacca(ニコラス・バッカ)氏と中継を繋いだミートアップなどが開催されました。

ホームページに当日の様子がアップされていますので、気になる方は覗いてみてください。

公式ホームページ

イーサリアムを買うならビットポイントがおすすめ!

[ex-jp-BITPoint]

[kanren postid=”2920,3690,743″]

【9月30日まで!】BITPointの口座開設&入金でビットコインがもらえるキャンペーン実施中!

本記事では、BITPointが定期的に開催しているお得なキャンペーンについてご紹介します!


BITPointのお得な口座開設キャンペーン

[campaign-bitpoint]

9月30日締切の新規口座開設キャンペーンがすごい!

BITPointでは、新規口座開設&入金で3,000円相当のビットコインがもらえるお得なキャンペーンを開催中!

これから仮想通貨取引を始めようとしている人や、資産管理のために複数口座を待ちたい人など、初心者から上級者まで嬉しい特典内容となっています。

このキャンペーンは2018年9月30日締切で、プレゼントの受け取りは2018年10月30日(火)を予定しているとのことです。

取引所としてのBITPoint

イメージキャラクターは本田圭佑選手!

BITPointのイメージキャラクターはプロサッカー選手の本田圭佑選手です。
2018年に日本中が沸いたワールドカップでも大活躍してくれたスターを起用し、話題性とともに今大きく注目を集めている取引所です。

[aside type=”boader”]本田選手については下記の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひあわせてお読みください!

[kanren postid=”3632″][/aside]

取引&送金手数料が無料!

BITPointの大きな特徴として手数料無料に触れないわけにはいきません。
少ない利幅でも自分のタイミングで手数料を気にせず取引ができるので、少額取引専用としてBITPointに口座を作るというのもありかと思います。

[aside type=”boader”]仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)について、詳しくはこちら!

[kanren postid=”743″][/aside]

BITPointは送金&取引手数料「無料」!MT4も取引&決済アプリも充実の取引所!

[ex-jp-BITPoint]

[kanren postid=”3774″][kanren postid=”743,3632,3098,2091″]

ブロックチェーンを利用したLGBT カップル調印式!世界初の試みが渋谷区主催SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAで開催!

  2018/08/22    セミナー情報

世界初となる「ブロックチェーンを利用したLGBTカップル調印式」が、9月8日(土)に東京渋谷区で開催されます。

BLOCKCHAIN2.0 MEETUP への参加はこちらから

9月8日に渋谷区で「BLOCKCHAIN2.0 MEETUP」の開催が決定!

ブロックチェーン技術に興味を持つ大手企業有志によるBLOCKCHAIN2.0 MEETUP 実行委員会(以下、実行委員会)は、渋谷区と日本財団が主催するイノベーションとダイバーシティの祭典「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA(以下、SIW)」にてサテライトイベント「BLOCKCHAIN2.0MEETUP」を開催します。

同イベント内ではブロックチェーンの社会実装例となる 世界初のブロックチェーンを利用したLGBT カップル調印式 を執り行います。

引用 : BLOCKCHAIN2.0 MEETUP

BLOCKCHAIN2.0 MEETUP への参加はこちらから

BLOCKCHAIN2.0 MEETUP への参加はこちらから

イベント概要

イベント詳細

  • 名称 : BLOCKCHAIN2.0 MEETUP
  • 日時 : 2018 年9 月8 日(土)
    13:30-20:00
  • 場所:EDGEof(東京都渋谷区神南1-11-3)

主催/共催

  • 主催/共催:
    BLOCKCHAIN2.0 MEETUP 実行委員会
    ターミナル
    筑波フューチャーファンディング(SIW 全体)渋谷区
    日本財団
  • 協賛:
    Microsoft(手続中)

BLOCKCHAIN2.0 MEETUP への参加はこちらから

内容

総合司会/山本ミッシェール(フリーアナウンサー、NHK WORLD 等)

  • 13:30-15:45
    モデレーター:本間善賽(日本デジタルマネー協会 代表理事)
    パネラー:今井崇也(マスタリングビットコイン代表翻訳者)
    阿部力也(デジタルグリッド株式会社 代表取締役)
    藤井達人(三菱UFJ フィナンシャル・グループ デジタル企画部)
    曽根秀晶(ランサーズ株式会社 取締役)
  • 16:00-17:45
    技術協力:CherryChain(ブロックチェーンIoT 汎用デバイスベンチャー)
  • 18:00-20:00
    出展:TECHFUND、パーソルテクノロジースタッフ等

BLOCKCHAIN2.0 MEETUP への参加はこちらから

イベント趣旨

2017 年の仮想通貨ブームや2018 年初頭のNEM 盗難事件(総額580 億円)に代表されるように、日本では仮想通貨が注目を集めており、一般の方は基盤技術であるブロックチェーン=仮想通貨と思っている方が大半です。

一方、米国や欧州などでは基盤技術ブロックチェーンの理解が進み、仮想通貨に留まらない多くの分野でブロックチェーンの社会実装が始まっています。

本イベントでは、日本の一般の方へブロックチェーンが多くの産業に与える可能性を知ってもらうべく電力・送金・人材評価といった分野で社会実装を進めるイノベーティブな企業(デジタルグリッド、三菱UFJ 銀行、ランサーズ等)から最新事例を聞きつつ、参加者自身にも事例づくりに参加してもらうべく「世界初 ブロックチェーンを活用したLGBT カップル調印式」に参列頂きます。

最新事例を聞き、参加し、その後の交流会で参加者とイノベーターがつながりを深めることで、日本におけるブロックチェーンの新たな社会実装(ブロックチェーン2.0~)の進展に寄与できればと思います

BLOCKCHAIN2.0 MEETUP への参加はこちらから

実行委員会について

  • 名 称 : BLOCKCHAIN2.0 MEETUP 実行委員会
  • 代表者 : 染谷 悟
  • 所在地 : 150-0001 東京都渋谷区神宮前6 丁目25-8 神宮前コーポラス1401
    (株式会社ターミナルを実行委員会事務所として利用)
  • 活動内容 : ブロックチェーンの幅広い社会実装に対する研究・啓発活動

「BLOCKCHAIN2.0 MEETUP」の参加方法

BLOCKCHAIN2.0 MEETUPは、入場無料ですがPeatixにて「事前予約」が必要となっています。

「BLOCKCHAIN2.0 MEETUP」にて世界初の試みとなる「ブロックチェーンを利用したLGBTカップル調印式」、仮想通貨の技術や投資、ブロックチェーンの可能性に興味のある方はぜひ参加してみましょう!

[btn class=”lightning big”]BLOCKCHAIN2.0 MEETUP への参加はこちらから[/btn]

「クリプト超会議」が9月8日(土)に開催決定!人気インフルエンサー多数登壇&入場無料!

  2018/08/22    セミナー情報

仮想通貨の人気インフルエンサーが多数登壇する「クリプト超会議」が開催決定!!

クリプト超会議への参加はこちらから

「クリプト超会議」9/8に東京で開催!

9月8日に東京の六本木にて、仮想通貨ウォレットアプリ「Bitpie」をリリースしているBitpie社(ビットパイ社)主催の「クリプト超会議」の開催が発表されました。

仮想通貨界隈の人気インフルエンサーが多数登壇予定、入場も無料(要事前予約)となっていますので、ぜひ参加してみましょう!

クリプト超会議への参加はこちらから

クリプト超会議の概要

イベント詳細

[table id=3644-001 /]

クリプト超会議への参加はこちらから

仮想通貨インフルエンサーと仮想通貨やブロックチェーンの未来について語り合おう!

国際的ブロックチェーン企業のBitpieが主催する「クリプト超会議」を開催します。

ブロックチェーンや取引所、dAppsなどの世界的な事情を知ることで、この先仮想通貨がどのようになっていくのかを考えるイベントです。

仮想通貨情報メディアBITDAYS(ビットデイズ)もサポートする本イベントでは、世界的に展開しているBitpieをはじめ、仮想通貨界で広く知られるインフルエンサーやメディア運営者が結集し、仮想通貨の未来を語ります!

ブロックチェーン企業のBitpieが目の当たりにしている世界の仮想通貨・ブロックチェーンの現状をお伝えします。

また国内の仮想通貨インフルエンサーによる2部制のトークセッションも。仮想通貨決済がこの後どのようになっていくのか、dAppsはどのように変化していくのかなど仮想通貨の将来について、さらに資産としての仮想通貨をどのように守るべきか、最新のセキュリティ技術や開発側の意見など、仮想通貨ユーザーに役立つ話しが満載です。

さらに、当日は仮想通貨が無料でもらえるAirdropも開催!トークセッション後には軽食や飲み物を楽しみながら参加者同士で交流ができる懇親会もあるため、ぜひご来場ください。

クリプト超会議への参加はこちらから

イベント内容

  1. Bitpie開発・運営者による事業アプリ紹介

    • アジアを中心とした世界のブロックチェーン事情とは?
    • 世界の仮想通貨ウォレットの未来は?
    • 海外からみた日本の仮想通貨・ブロックチェーンマーケットの魅力は?
  2. 登壇者様によるトークセッション 二部制
    • 仮想通貨決済の未来について
    • 国内の仮想通貨の未来を予測
    • 今後の仮想通貨はどうなっていくのか?
    • ブロックチェーンの実用化はされていくのか?
    • dAppsがもたらす未来とは?
    • 仮想通貨のセキュリティについて
  3. Bitpieによる来場者限定AirDrop
  4. 懇親会 (軽食やお飲み物を用意しております)

クリプト超会議への参加はこちらから

出演者

司会

たそがれちゃん@仮想通貨女子(@coingirl3)氏

ブログ「たそがれの仮想通貨女子」を運営。
将来的にスマートコントラクトが実装されることに期待しイーサリアムを保有。
仮想通貨に関するイベント出演やニュースメディアでの記事執筆など幅広く活躍。

Tweets by coingirl3

クリプト超会議への参加はこちらから

登壇者

アラタ/仮想通貨な渋谷系ITリーマン(@cry_curr_ar)氏

IT系企業で働く傍らで仮想通貨に関する活動を行う。
自身の仮想通貨ブログや仮想通貨メディア「CRYPTO TIMES」を運営。

Tweets by cry_curr_ar

雨弓(@rain_vc)氏

日本で一番ビットコインキャッシュ(BCH)を利用しているといわれ、BCHに関する数々のイベントを主催。
今年8月には『ビットコインキャッシュの革命』を出版。

Tweets by rain_vc

Kim(@kimnao3333)氏

dAppsについてTwitterで情報発信を行ったり、ミートアップを開催したりする活動をするほか、仮想通貨領域特化のインフルエンサーマーケティング事業も展開している。

Tweets by kimnao3333

クリプト超会議への参加はこちらから

フクロウ・セグレゲイテッドウィットネス(@CryptoC_x)氏

仮想通貨のポートフォリオ管理アプリや仮想通貨ニュースメディアなど多彩なサービスを展開。
仮想通貨界において強い人脈を持つ。

Tweets by CryptoC_x

カズト(@nomad_btc)氏

自身のブログを運営しながら、多数のメディアからインタビューを受けたりスピーカーとしてイベントに参加したりするなど、幅広く活躍。

Tweets by nomad_btc

クリプト超会議への参加はこちらから

岡田早希(@sakiarise)氏

初心者のための仮想通貨ブログを運営。
モデルやフリーライターとしても活躍し、様々なメディアに出演している。

Tweets by sakiarise

神谷知愛(@gilmg210)氏

トークンエコノミーによる世界基準のレストランレビューSNS”シンクロライフ”を運営。
グルメレビュアーの貢献によってトークン報酬制度を導入したことで話題を集めている。

Tweets by gilmg210

ミツヤコウヘイ(@mitsuya615)氏

仮想通貨メディアBITDAYS編集長。
仮想通貨インフルエンサーが集い、仮想通貨について語り合う「BITDAYS NIGHT」や座談会などのイベントも企画。

Tweets by mitsuya615

クリプト超会議への参加はこちらから

主催 – Bitpie

ウォレットアプリBitpieについて

「Bitpie(ビットパイ)」は多様な通貨を一括で安心・安全に管理できるウォレットアプリです。
40種類以上の通貨に対応し、イーサリアム(ETH)系トークンのほかEOS系のトークンにも対応。

マルチシグにも対応しているため、高度なセキュリティを誇るほか、Bitcoin.orgから推薦された「Bither Walletチーム」が手掛けているため安心・安全に利用できます。

↓↓「Bitpie」について詳しくはこちら↓↓
[btn class=”lightning big”]Bitpieの紹介記事を見る[/btn]

「クリプト超会議」の参加方法

クリプト超会議は、入場無料ですがPeatixにて「事前予約」が必要となっています。

「クリプト超会議」で繰り広げられるインフルエンサー達のトークセッションや考察、「仮想通貨の未来」やDApps、開発側のお話に直接触れるチャンス!

仮想通貨の技術や投資に興味のある方はぜひ参加してみましょう!

[btn class=”lightning big”]クリプト超会議はこちら[/btn]

「本田圭佑」氏がBITPoint(ビットポイント)のイメージキャラクターに!

  2018/08/20    ニュース

BITPoint社が、イメージキャラクターに本田圭佑氏を起用したことを発表しました。

世界の「ケイスケ・ホンダ」が仮想通貨取引所のイメージキャラクターに!

\本田圭佑出演ムービー WEBで公開中/
「未来を変える。その為に失敗を恐れず、日々努力しているんです」
新たな挑戦をし続ける男、本田圭佑がBITPointのイメージキャラクターに就任!
世界一を目指す、男の決意を見逃すな。https://t.co/MU5fjd7QWs#BITPoint#ビットポイント#本田圭佑#決意表明 pic.twitter.com/G84adgWAcE

— ビットポイント公式【仮想通貨交換所】 (@BITPointJP) 2018年8月20日

サッカー日本代表メンバーとして2018年のロシア・ワールドカップでの活躍も記憶に新しい「ケイスケ・ホンダ」こと本田圭佑選手が、日本国内の仮想通貨取引所「BITPoint」(ビットポイント)のイメージキャラクターとして起用されたことが発表されています。

■サッカーだけでなくビジネスでも才覚を発揮する本田圭佑氏と強力タッグを結成

当社は、常に新たな市場に挑戦し、顧客へ新たな価値を提供し続ける株式会社リミックスポイントの子会社として、「安心・安全な仮想通貨取引」をモットーとする仮想通貨交換所を営んでいます。仮想通貨交換業者の中で最も資本金が多く*1、金融商品取引業者水準の強固なセキュリティ態勢、24時間365日の監視態勢を構築しています。

一方、本田圭佑氏は、日本代表として2018年W杯ロシア大会に出場するとともに、ビジネス面においてもベンチャーファンド「ドリーマーズ・ファンド」を設立するなど活躍の場を広げており、最近では、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーへの移籍、現役続行に加え、カンボジア代表の実質的な監督就任を発表するなど、常に新しいチャレンジを続けられています。

そのような本田圭佑氏の姿と、当社が掲げるビジョン・理念が重なり、イメージキャラクターへの起用に至りました。
また、「契約金の支払いは仮想通貨決済とする」というコンセプトを本田圭佑氏に快諾いただき、このたびのイメージキャラクター就任を象徴するものとなりました。

*1 資本金44億3,000万円(資本準備金を含む)/2018年8月20日現在
引用 : BITPoint公式サイトより

また、同社特設ページでは本田選手からのコメントも掲載されています。

<本田圭佑氏よりコメント>
『イメージムービーのテーマが、「世界一を目指すために、日々挑戦、努力する」ということで、僕の考えと一致する部分があるなと思いながら撮影に臨みました。

撮影は本格的なマシーンを使用したもので、普段中々鍛えないパーツを使うものでしたが、あえて負荷をかけ本気のトレーニングモードでやりました。

ハリウッドの撮影クルーもとても素晴しかったですし、非常に充実した撮影でした。』
引用 : BITPoint公式サイトより

同社の特設ページや公式Twitterでは、ハリウッドで撮影されたスペシャルムービーが公開されています。

国内では数少ない「XRP」取り扱いのある取引所であり、送金・取引手数料が無料とあって人気のある「BITPoint」(ビットポイント)、精力的な海外展開に加え同社初となる正式イメージキャラクターの起用などから、国内の主要な仮想通貨取引所の一つとしての存在感が日に日に増してきています。

BITPointの期間限定キャンペーン!

[campaign-bitpoint]

[kanren postid=”3690″]

BITPointは送金&取引手数料「無料」!MT4も取引&決済アプリも充実の取引所!

[ex-jp-BITPoint]

[aside type=”boader”]仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)について、詳しくはこちら!
[kanren postid=”743″][/aside]

TOPへ