Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
pickup | Dashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるダッシュの基礎知識! | No:23154 | page 2 of 3 | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報-2ページ

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 pickup 」 一覧

Dashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるダッシュの基礎知識!

Dashとは、決済の速さと匿名性が特徴のアルトコインです。

ダッシュの特徴

Dash(ダッシュ、DASH)とは、2014年に生まれた匿名性・決済の即時性が特徴のアルトコインです。

2015年にリブランディングされるまでは、後述する匿名性確保のためのトランザクション形式である「Darksend」からDarkcoin(DRK)という名前でした。

また、決済の即時性もダッシュの大きな特徴です。
この即時性を実現するために、InstantSend(インスタントセンド)というシステムを採用。

ビットコインでは承認を行うのに10~30分程度の時間がかかると言われています。この即時性のなさはネックとも言えました。
ダッシュはInstantSendのシステムを採用することでこの時間を数秒にまで短縮。

海外を中心に仮想通貨で決済できる自動販売機なども登場しており、こうした決済にも即時性の高いダッシュは適していると言えます。

2016年初めにはビットコインなど仮想通貨専用のATMを提供し、世界トップクラスのマーケットシェアを誇るLamassu社と業務提携契約を行いました。
これにより、ダッシュは市場通貨並みに使いやすい通貨になりうる可能性を高めていると言えそうです。

ダッシュの概要

[table id=1627-01 /]

ダッシュの高い匿名性

ダッシュではDarksend(現在の名称はPrivateSend)と呼ばれるトランザクション形式を用いて高い匿名性を実現しています。

例えばビットコインはブロックチェーンを確認すれば、誰が誰に送ったのか1対1でわかるようになっています。

一方Darksendを採用しているダッシュではブロックチェーンを確認してもわかりません。

このようなDarksendの匿名性は、Coinjoinという方法で出来上がっています。
Coinjoinとは、同じ時期に送信しようとしている複数のユーザーの仮想通貨を、一度一定の場所に入れてから再度個別に特定のユーザーに送金していく方法のことを言います。

一度ある場所に送受信情報を入れ、その情報をミックスしてしまうことで匿名性を維持しているという訳です。
ただし、Coinjoinには使用するために二つの条件をクリアしなくてはなりません。

[aside type=”boader”]

  1. 参加者が3人以上必要
  2. 送金限度額は1000DASHまで

[/aside]

この二つの条件をクリアできれば使用可能となり、匿名性が維持された取引が可能になります。

ダッシュの歴史(抜粋)

[table id=1627-02 /]

Twitterまとめ

DASHも勢いさらに増しそうねー#DASH #仮想通貨 https://t.co/dJLh6zZJ3V

— 俺すなわち仮想通貨TRX (@goodyear1212121) 2018年1月20日

DASH/ETH

そろそろ底だと思う。
最高値から4倍以上の乖離https://t.co/WDyuLS7e4E
「DASHはアップルに公式に認められた暗号通貨となる…」

ワクワクするね。
バイナンスでなくてもコインチェック(日本)でも買えるネ#コインチェック#バイナンス#仮想通貨#DASH pic.twitter.com/KbZDX1HGiC

— 貯金ブタ:Hamcoin@グズラ組 (@jing2000) 2018年1月6日

Tweets by Dashpay

ダッシュが買える国内取引所

ダッシュが買えるおすすめ海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)


[aside type=”boader”]

  • 取り扱い通貨数が世界トップクラスの500種以上!
  • 取引手数料が安く、アルトコイントレーダー御用達の取引所!
  • 新規上場通貨の取り扱いが早いので有望通貨を早く保有しておける!

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

Binance(バイナンス)


[aside type=”boader”]

  • 取引ボリュームが世界第一位モンスター取引所だから流動性が高い!
  • LiskやVergeにETHLend、TRONやAppCoinsなど人気通貨の取り扱いも豊富!
  • Bitcoinからフォークしたコインが必ずもらえる取引所としても有名!

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

C-CEX


[aside type=”boader”]

  • 話題の国産仮想通貨「BitZeny」(ビットゼニー)の取り扱い有り!
  • ビットゼニーの取り引きが活発なので板が厚い!
  • 仮想通貨取り扱い数約200種類と豊富な取り揃えが魅力!

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

Changelly(チェンジリー)


[aside type=”boader”]

  • 珍しい「仮想通貨同士」を直接交換できるシステム!
  • 手数料は一律でしかも安い定額「0.5%」!
  • 海外取引所では非常に珍しい丁寧なサポート有り!

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

KuCoinの登録方法を解説!日本語対応でKCS・XRB・DRGNなどの超人気通貨を扱う海外取引所クーコインの始め方!

KuCoin Shares (KCS)やRaiBlocks (XRB)、Dragonchain (DRGN)やDent (DENT)などといった人気の通貨を数多く扱っていて、日本人ユーザーにもうれしい日本語対応していることでも有名な海外仮想通貨取引所「KuCoin」(クーコイン)。
本記事では「KuCoin」のアカウント登録方法をご紹介します。

[btn class=”rich_yellow”]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

日本語対応している海外仮想通貨取引所 KuCoin!

KuCoinは、2017年9月に香港でスタートした比較的新しい取引所ですが、
すでに人気の仮想通貨取引所の一つになっています。
中国語・英語はもちろん、日本語や韓国語ほか現在11の言語に対応しています。
また、独自トークンのKCSを発行しており
KCSの価値はKuCoinのユーザー数増加に伴い下記のように急上昇しています。

今仮想通貨の人気が上がっていることで取引所の登録にも少し時間がかかったり、
登録がストップしてしまうこともあるかもしれません。
その前にまずは登録してみてはいかがでしょうか?
[btn class=”rich_yellow”]KuCoin公式サイトはこちら [/btn]

KuCoinの登録方法は非常に簡単!

ではKuCoinの登録はどのように行うのでしょうか?
なんと、メールアドレスだけで登録が済むので非常に手軽です。

KuCoin公式サイトはこちら

KuCoinサイトからメールアドレスを登録!


KuCoinサイトトップページ画面右上部にある新規登録をクリックします!
ちなみに、言語もサイト画面右上部の国旗のマークで変更可能です。

メールアドレスと任意のパスワードの入力欄に入力をします。

送信するとこのような画面がでます。こちらで入力は完了です。

KuCoin公式サイトはこちら

登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

これでKuCoinの登録手続きはほぼ完了です。
暫くたつとKuCoinからアカウント認証のメールが届きます。

メールの通りにURLをクリックします。こちらで認証は完了です。

KuCoin公式サイトはこちら

Google2ステップ認証も忘れずに行いましょう

KuCoinではGoogle2ステップ認証を採用しています。
ハッキング防止のためにもこちらの設定も済ませておきましょう。

メールのアカウント認証が済むと、上記のような画面になっていると思います。
「グーグル―2ステップ」をクリックしてGoogle2ステップ認証画面に移り認証を行います。

Google2ステップ認証は、スマホなどでインストールしたGoogle2ステップ認証のアプリから、
KuCoinの認証画面にあるQRコードを読み込むと認証番号がスマホなどに出てきます。
スマホに出てきた認証番号をKuCoin側の入力画面に入力するとGoogle2ステップ認証も完了します。
完了すると次のような画面になります。

これで、KuCoinの登録はすべて完了です!

[btn class=”rich_yellow”]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

まとめ

KuCoinは、取引規模が世界1位の「Binance」(バイナンス)と取り扱い通貨が違うことでよく話題になり、先日Binanceが新規登録を停止した時にも「第2のBinanceはKuCoin」と言われKuCoin人気が増加しました。
KuCoinの登録はメールアドレスのみで登録でき、Google2ステップ認証も簡単にできますので、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

KuCoin公式サイトはこちら

Augurとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるオーガーの基礎知識!

Augurとは、イーサリアムから派生した「分散型未来予想」を行うプラットフォームシステムです。

オーガーの特徴

Augur(オーガー、REP)とは、イーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトの1つで、ユーザーが予測市場へ参加するためのプラットフォームシステムです。

Augurとは英語で「占い師」のこと。通貨単位はREPです。
よくRippleと紛らわしいなどといわれていますが、「評判」という意味の英単語「Reputation」からきています。

オーガーの一番の特徴は「分散型未来予想」。

オープンソースの未来予測市場のプラットフォームにユーザーが参加し、未来を予測します。
その予測が正しければビットコインやイーサーで報酬をもらえ、予測の結果を報告することで、REPという通貨により手数料をもらえる仕組みです。

この仕組みの土台となる考え方が、「群衆の知恵(Wisdom of the Crowd)」という考え方。

2004年にジェームズ・スロウィッキーが著書にて提唱した概念で、「ある命題に対し専門家でない不特定多数による多数決の方が、専門家1人による判断に勝る」ということを統計的に説明しています。

また、オーガーにはレポーターと呼ばれる人たちが存在しています。
彼らレポーターが予測していた事実を認定する役割を担っています。

レポーターたちはデポジットを積んで認定作業を行い、正しい事実を認定すれば報酬がもらえ、間違った事実を認定すればデポジットが没収される仕組みです。

このレポーターの仕組みは正しい事実を認定すれば報酬がもらえるので、不正は起こりにくいといえます。
また、レポーターが大勢存在しているので半数以上のレポーターと結託しない限り不正は起こせないようになっています。

このように、オーガーではみんなで透明性のある方法で予測・判断し、それに見合った報酬を得ていくという仕組みなのです。

オーガーの概要

[table id=1505-01 /]

オーガーが保険業界に革命を起こす?!

実はオーガーと保険業界の考え方やシステムは非常に似ていると言われています。

現在の保険は、多くの場合このようなシステムです。
[aside type=”boader”]1:一定の周期で保険料を払い続けることで保険のシステムに参加する
2:決められた期間内に病気にならなかった場合は保険料は返らない
3:病気などにかかった際に、医者などが結果の判断を行う
4:結果が正しいと保険会社に判断されれば保険金が支払われる[/aside]

これをオーガーに置き換えると、

[aside type=”boader”]1:自らが近く病気にかかると予想し、掛け金を払い参加し続ける
2:イベントの期間内に健康であれば賭け金は没収される
3:病気にかかった際に、医者などが結果の判断を行う
4:医者をレポーターとし、結果が正しいと判断されれば、配当金が支払われる[/aside]

となります。

もし、保険業界の業務がオーガーのようなオンラインのスマートコントラクト上で行われるようになると、保険に関する多くの手続きが簡略化される可能性もあると言われています。

Twitterまとめ

仮想通貨、また直滑降くるのか?

前に半分現金化したお金で
流石にそこで2/3を買い増そうかなっ!!

買いますなら
AUGUR(REP)FACTOM(FCT)
かな♪

— コイン収集家@暗号通貨(仮想通貨) (@yaaach1210) 2018年1月16日

なんやこれ…$REP #Augur pic.twitter.com/3QWiU8btyb

— テラクリプト・Λ (@Crypto_Forward) 2018年1月11日

Augurに関する日本語情報は、アフィリエイト目的のブログや、価格に関するツイートしかほぼ無い状況ですが、このように着実に開発を進めています
順調なら今年のQ1にはローンチされると思うので、皆の衆、刮目だよ!!

— きとうじ (@kitouji) 2018年1月11日

オーガーが買える国内取引所

[aside type=”boader”]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所 
[/aside]

オーガーが買えるおすすめ海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

  • 取り扱い通貨数が世界トップクラスの500種以上!
  • 取引手数料が安く、アルトコイントレーダー御用達の取引所!
  • 新規上場通貨の取り扱いが早いので有望通貨を早く保有しておける!

[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

XPとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるExperience Points基礎知識!

Experience Points (XP)とは、「経験値として仮想通貨を得る」ことを目的として仮想通貨です。

XPの特徴

開発が2代目の方へ引き継がれてから急速に成長している仮想通貨で、本記事執筆時点の2018年1月10日現在では時価総額ランキング 58位 にまで成長を遂げています。

公式サイトによると、ゆくゆくは

  • ビデオゲーム
  • 学校と教育
  • スポーツ活動
  • 平和と会話

で得た「経験」を経験値 = Experience Pointsとして、XPコインとして得られるようにすることが目標のようです。

またコンセンサスアルゴリズムが PoS(Proof of Stake) なので、所有しているだけで新たな XP を得ることができるのも特徴です。

XPの概要

[table id=1171-001 /]

PoSコインのため、多く保有している程報酬がもらえることが特徴です。

コミュニティが強い

「Discord」という海外のゲーマー向けチャットアプリにある日本人向けのXPコミュニティの盛り上がりが話題となっています。
Discord – Free Voice and Text Chat for Gamers

チャットルームを眺めていると会話が途切れることなく続いていることが確認できます。

取引所内のチャット機能並にコミュニティが盛り上がっている様子は他に類を見ないほどのレベルです。

このことからも短期間での急成長したことがうかがえ、また今後の将来性について期待を持たれています。

XPの話題まとめ

あまりにも盛り上がりすぎでサーバーがダウンしていますわね…
…バランスコマンドで残高を確認するのは、botに負荷がかかってしまいますので、一度バランスした後はラグがあるので、連投しないで時間をおいて検索にてバランス結果をお探しください。#XP #XPコイン #人生に経験値を pic.twitter.com/XmgE1Qsnhi

— 仮想通貨でお金を増やしたいクミチョー (@kumityochan) 2018年1月10日

xpコミュニティ、昨日ほどではないけれど、まだまだ興奮は冷めていないよ!!現在33,000人突破!!本日も雨降ってます。#XP #xpコイン #仮想通貨

— Mitsuji@仮想通貨 (@Mitsu0202H) 2018年1月10日

XPはインフルエンサーの方も興味を示していることが話題となっていますが、ホリエモンこと堀江貴文氏もコミュニティに降臨して話題となっています。

まじで送ってきやがった!やばす! https://t.co/Pw8QZmsHxQ

— 堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp) 2018年1月10日

XPが買える取引所の紹介

CoinExchange.io(コインエクスチェンジ)

  • 「Experience Points」(XP)が買える数少ない取引所!
  • StrongHandsやECC、MooncoinやVsyncなどの今話題のコインの取り扱い多数!
  • 450種類以上の通貨を揃える人気の取引所!

[btn class=”rich_yellow”]
公式サイトはこちら
[/btn]

話題の国産通貨ビットゼニーの解説とBitZenyが買える取引所C-CEXの特徴

国産仮想通貨「BitZeny(ビットゼニー)」。

同じく国産仮想通貨「Monacoin(モナーコイン)」の価格が急激に上昇したことで話題になっている日本産の仮想通貨です。

この記事ではBitZenyの特徴と扱っている取引所を紹介します。

[btn class=”rich_yellow”]C-CEX公式サイトはこちら[/btn]

BitZenyとは?


国産の仮想通貨「BitZeny」(ビットゼニー)の概要

BitZenyとは、2014年11月にローンチされた日本の仮想通貨です。

総発行枚数は2億5千万枚で、暗号アルゴリズムに「Yescrypt」を採用、送金時間は約90秒です。

一般的なPCでのマイニングが可能な点や、フォーラム(コミュニティ)、投げ銭システムなどと通貨自体の性能の高さやそれを取り巻く環境が整備されている点など、国産初の暗号通貨「Monacoin」(モナーコイン)と同じくその可能性を期待されています。

BitZeny(ビットゼニー)が買える取引所の紹介

BitZenyが上場している取引所は現在以下の3つです。
C-CEX
CryptoBridge
stocks.exchange

おすすめは「C-CEX」!

  • BitZenyの取り扱いが盛んで板が厚い!
  • 仮想通貨の取り扱い数が190種類以上と豊富!
  • 2段階認証やログイン時の認証などセキュリティが高い!

C-CEX は他の2つの取引所に比べ「BitZeny」の取り引きが盛んで、ボリュームがあるのでおすすめです。

他の取引所だとCryptoBridgeの場合はDEX(分散型取引所)なので、DEXでの取り引きに慣れていないと難しいかもしれません。

C-CEXは本人確認書類の提出無しの「メールアドレスのみ」で登録できるのも魅力です。

[btn class=”rich_yellow”]C-CEX公式サイトはこちら[/btn]

Litecoinとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるライトコイン基礎知識!

Litecoin(ライトコイン)とは、Bitcoin2.0のアルトコインであり「ビットコインの弱点を補う」ことを目的に開発された仮想通貨です。

Litecoinの特徴

Charlie Lee(チャーリー・リー)氏がビットコインを改良して開発されたのがLitecoinです。

2011年に誕生と歴史が長く、ビットコインの次に誕生したアルトコインで、現存するアルトコインの中では一番古い仮想通貨がこのLitecoinです。

また「スケーラビリティ問題」を解決するためのSegwit(セグウィット)を早い段階で導入していることも有名です。

Litecoinの概要

[table id=1123-001 /]

Litecoinは「ビットコインが金ならライトコインは銀」であることを目指して開発されていて、ビットコインよりも採掘難易度が低く、取引スピードも早いことが特徴です。

Litecoinの価格推移

  • 2013年4月28日
    4.30 USD
    約 486.67 円
  • 2013年10月16日
    1.90 USD
    約 215.04 円
  • 2013年11月28日
    50.27 USD
    約 5689.56 円
  • 2014年4月15日
    12.72 USD
    約 1439.65 円
  • 2015年1月16日
    1.38 USD
    約 156.19 円
  • 2016年4月24日
    3.88 USD
    約 439.14 円
  • 2017年3月23日
    3.94 USD
    約 445.93 円
  • 2017年5月10日
    31.64 USD
    約 3581.02 円
  • 2017年7月4日
    53.60 USD
    約 6065.91 円
  • 2017年9月3日
    81.33 USD
    約 9204.12 円
  • 2017年10月28日
    55.49 USD
    約 6280.36 円
  • 2017年12月19日
    366.15 USD
    約 41440.86 円
  • 2017年12月28日
    252.45 USD
    約 28569.77 円

2013年から2015年までには価格の波がありましたが、その後は順当に価格が上昇を続けています。

時価総額ランキングでは常にトップ10位以内に位置し、国内をはじめ世界中の多くの取引所で取り扱われている人気の通貨です。

Litecoinの関連Twitter

Litecoinにはコア開発者とライトコイン財団のTwitterアカウントが存在しているので、ぜひチェックしてみましょう!

Tweets by LitecoinProject

Tweets by LTCFoundation

Litecoinユーザーの声

今の仮想通貨を一言で
ビットコインはデジタルゴールドとなりつつあり、送金面ではライトコインやビットコインキャッシュ、金融市場ではリップル(XRP)である。

— 仮想通貨ペンギン (@AkindoTimez) 2017年12月18日

ライトコイン上がってくれないかなー。
ライトコインの適正価格はもっと上だと思うんだけどなー。

— 仮想通貨なんでも@高値掴みマン (@8E6wTkOyy0b77br) 2017年12月27日

#ライトコイン いよいよ四万いくで!!

はよ~仕込みなさいよっ…((´^ω^))ゥ,、ゥ,、

— ʕ•̫͡•ʕ*̫͡*ʕ•͓͡•ʔ-̫͡-ʕ•̫͡•ʔ*̫͡*ʔ-̫͡-ʔ (@alz_twinsoul) 2017年12月17日

[external-explan-air_drop]

[ex-ja-LTC]

Bitcoin Cashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるビットコインキャッシュ基礎知識!

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは、Bitcoin(ビットコイン)からハードフォークして誕生した仮想通貨です。

Bitcoin Cashの特徴

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは、2017年8月1日にBitcoin(ビットコイン)からハードフォークして誕生したアルトコインです。

年々ビットコインの利用者が増加し徐々に送金速度の遅延などが顕在化してきた為、コミュニティでいくつかの解決策が上がった際の「ブロック容量を拡大する為のハードフォーク」によって誕生したのがビットコインキャッシュです。

ビットコインの大掛かりなハードフォークという話題性から大きく注目を集めたものの、誕生直後は採掘するマイナーがあまりつかない状態でした。

ただビットコインの処理速度の遅さや取引手数料の増加が深刻化してくると有名投資家やメディア運営者などが「ビットコインからビットコインキャシュへの乗り換え」を宣言するなど、日増しに人気と価格が上昇していきました。

[box class=”green_box” title=”関連ニュース”]
Bitcoin.comのCTOが「ビットコインキャッシュに乗り換えた」と発言 
[/box]

[box class=”blue_box” title=”ハードフォークとは?”]
ハードフォークとは、ある特定のブロックから新しい仕様(ルール)を採用し分岐することです。

これにより過去の通貨との互換性がなくなるため、ハードフォーク後は全く新しい通貨として扱われます。
ハードフォークとコインの付与についてはこちら! 
[/box]

Bitcoin Cashの概要

[table id=1077-001 /]
※ ビットコインキャッシュのシンボルは取引所ごとに「BCH」表記と「BCC」表記で異なりますが、「BCC」表記する仮想通貨は他にも「BitConnect」があるため本記事では便宜的に「BCH」表記を用います。

Bitcoin Cashの価格推移

Bitcoin Cashは誕生前からの期待も大きく、フォーク当初から3万円を超える価格をつけていました。

  • 2017年8月1日
    1 BCH = 293.07 USD
    約 33,172.59 円
  • 2017年8月2日
    1 BCH = 661.88 USD
    約 74,918.20 円
  • 2017年8月19日
    1 BCH = 914.45 USD
    約 103,506.60 円
  • 2017年10月17日
    1 BCH = 311.64 USD
    約 35,274.53 円
  • 2017年11月3日
    1 BCH = 679.28 USD
    約 76,887.70 円
  • 2017年11月12日
    1 BCH = 1812.60 USD
    約 205,168.19 円
  • 2017年11月24日
    1 BCH = 1657.25 USD
    約 187,584.13 円
  • 2017年12月10日
    1 BCH = 1308.02 USD
    約 148,041.70 円
  • 2017年12月20日
    1 BCH = 4091.70 USD
    約 463,098.61 円
  • 2017年12月27日
    1 BCH = 3026.05 USD
    約 342,488.34 円

その後何度か大きな価格の下降がありつつも徐々に上昇していき、2017年12月現在では34万円にまで到達しています。

セキュリティソフトの「マカフィー」創始者ジョン・マカフィー氏もBitcoin Cashを推して話題に!

For those who feel that the rise of BCH has no substance: A larger block size us the single most substantial prerequisite to the survival of Bitcoin. BCH provides that larger block size. What more info do you need??

— John McAfee (@officialmcafee) 2017年11月12日

ウイルス対策ソフト「McAfee」(マカフィー)の創設者でありMGTキャピタル・インベストメンツのCEOのJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏がBitcoin Cashを推していることも有名です。

マカフィー氏が優秀だと思うアルトコインについてTweetすると、そのコインの価格が急騰するほどの影響力を持っていることが話題となっていますが、氏が一貫して有望視している通貨はBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)のようです。

[ex-ja-BCH]

ビットコインからハードフォークしたコインをもらえる取引所

[box class=”blue_box” title=”Bitcoin Cashの誕生により注目を集めた「付与」システム”]
ビットコインのハードフォークから誕生したビットコインキャッシュには、フォークする時までにビットコインを保有していたユーザーにその保有数と同数のビットコインキャッシュが付与されました。

これは、元は同じビットコインとして存在していたものなので、フォーク後もその続き( = 同数を保有しているもの)とする考えによるものです。

※ 付与は取引所が行うものでいくつか条件があり、大抵の場合はフォーク時点でその取引所に預けているビットコインと同数のビットコインキャッシュが付与されました。

フォークした際にタダで貰える上に、価格が上昇していくのでこの「フォークコインを無料でもらう」といった動きをする仮想通貨ユーザーも増えていきました。
[/box]

フォークコインがもらえるおすすめ取引所

[ex-ovse-Binance]

Rippleを安く買うならbitbank.cc!今からリップルを買う人は指値で買えて手数料の安いビットバンクに登録しよう!

Rippleを扱っている日本国内の仮想通貨取引所は現在2社のみですが、「指値注文でRippleを買える」、「手数料を安く抑えてRippleを買う」なら断然 bitbank.cc(ビットバンク) です。

本記事ではビットバンクの魅力と共に、ビットバンクでRippleを買う方法を説明します。

[kanren postid=”3135,4026″]

bitbank.cc(ビットバンク)の魅力

手数料が安い

ビットバンクccの魅力はなんといっても手数料が安いことです。

さらに現在はキャンペーン中で売買手数料が全て無料となっています。

過去にはマイナス手数料という、取引を行えば行うほど手数料分がボーナスともらえるキャンペーンも実施されています。

このようにユーザーに直接的に還元されるような嬉しいキャンペーンが多いこともビットバンクの魅力です。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

指値注文ができる

bitbankでは指値注文でRippleを買うことができます。

指値注文とは、自分が買いたい価格を指定して買い注文を出すことです。

ユーザー同士で買い、売りを指値で出せるので、現在の相場価格より安く買えることがほとんどで、取引所や販売所での仮想通貨販売よりもスプレッドが小さく、確実にお得に購入することができます。

現在日本の国内取引所でRippleを指値注文できるのはビットバンクのみなので、Rippleを安く購入したい人はビットバンクに登録することをおすすめします。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

取り扱い通貨の種類が多い

ビットバンクは仮想通貨の取り扱いが国内トップクラスの取引所です。

2017年10月現在は下記の6通貨を取り扱っています。
[aside type=”boader”]

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • Litecoin
  • MonaCoin

[/aside]
主要な仮想通貨であるBitcoinやEthereumはもちろん、RippleやLitecoin、MonaCoinなど人気アルトコインの取り揃えも充実しています。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

入金手数料が無料

日本円をはじめ仮想通貨の入金手数料は全て無料です。

なのですでにRippleをはじめ仮想通貨を持っている人も、新たにビットバンクにも口座開設をしてもデメリットがありません。

出金手数料が安い

出金手数料もとても安く設定されています。

Rippleだと0.15 XRP、日本円にして 3.44572 円(約 3円程度)で出金することができます。

こんなに安い出金手数料もbitbankの魅力です。

bitbank.cc 公式サイトはこちら

口座開設が簡単にできる

口座開設も非常に簡単にできます。

やり方は他の取引所と同じで、必要事項を入力し、本人確認書類を撮影してアップロードします。

その後書留(ハガキ)が届くので、記載されているパスワードを入力すれば本人認証も完了です。

bitbank.cc でRippleを購入する方法

bitbank.cc  にログインして画面上のメニューバーの「トレード」をクリックして、取引画面を表示しましょう。

左上に「 BTC/JPY 」と表示されていて、初期状態では「 Bitcoin と 日本円 の取り引き」になっています。

ここで 「 XRP / JPY 」 をクリックすると、日本円でRippleを購入することができます。

bitbank.ccはアルトコイン、Rippleも指値・成行注文できるので、欲しい金額で指定して購入することができます。

これが 「Rippleを安く買うならbitbank」という理由です。

2017年10月現在だと 45XRP を 1XRP 22円 で注文すると、990円と1,000円以下で注文することができます。

以上がbitbankでRippleを購入する方法です。

アカウントさえ作成できれば、簡単に買うことができます。

国内取引所でRippleを安く買うならビットバンク!

[ex-jp-bitbank.cc]


[kanren postid=”239,4026″]
[kanren postid=”3104″]
[kanren postid=”3191″]
[kanren postid=”2652″]
[kanren postid=”2667″]
[kanren postid=”3135″]
[kanren postid=”1064″]


[aside type=”boader”]Rippleとは?
今話題の時価総額ランキング上位の仮想通貨「Ripple」の基本を知ろう!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本!
[/aside]

[aside type=”boader”]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所 
[/aside]


【1,000円プレゼント!キャンペーン実施中!】XRPやXEMなど人気のアルトコインでレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinを始めよう!

[box class=”red_box” title=”「アルトコインでレバレッジ取引」が魅力の「DMM Bitcoin!!”]

XEMやXRP、ETHなど国内で取引できる人気のアルトコイン7種類でレバレッジ取引できるのが「DMM Bitcoin」魅力です!

ボラティリティが大きい仮想通貨を取引するなら、「レバレッジ取引」がおすすめ!

今なら新規登録で1,000円プレゼントキャンペーン実施中!!

[/box]

昨年12月に発表されたDMM.comグループの仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」。

先日の登録受付開始も話題になりましたが、とうとう取引が開始されて話題となっています。

本記事ではそんな 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン!

[campaign-dmmbitcoin]

<!–

さらに今だけ最大5,000円がもらえるWキャンペーン実施中!

口座開設後の取引額に応じて最大5,000円がもらえるお得なキャンペーンを実施中!

この機会をお見逃しなく!

[aside type=”boader”]

  • キャンペーン概要

新規口座開設で1,000円プレゼント!さらに取引完了で最大5,000円をプレゼント![/aside]

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]
–>

DMM Bitcoinの特徴!

取引可能な仮想通貨は全7種、通貨ペアは合計14種類!

DMM Bitcoinでは仮想通貨7種類のうちBitcoinとEthereumの2種類が現物取引可能で、その2種を含め全てでレバレッジ取引が可能です。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

アルトコインのレバレッジ取引ができるので、相場が停滞気味の時や、価格が下がる一方の時でも利益を出すことができる!

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

取引手数料、入出金(送金)手数料などが無料!

DMM Bitcoinは手数料が無料で取引することができます。
※ レバレッジ手数料を除き、手数料が無料。

さらに利益として得た日本円や現物の出入金も手数料無料です。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

PCブラウザはもちろん、スマホアプリにも対応!

PCでの取引も可能で、さらに見やすい画面のスマホアプリもあるのでトレードの幅が広がります。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント”]

スマホアプリなら外出中のもしもの時にでもすぐに取引をすることができます。

また自宅で取引をする時でも、PCに向かって座りながらだけでなく、スマホアプリなら楽な姿勢で取引できることもうれしいメリットです。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

サポートが365日24時間対応!さらにLINEでも連絡可能!

仮想通貨取引所の対応としては例のない、24時間365日対応可能なサポートなのですぐに連絡することができます。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

仮想通貨の取引は、いつでも送金可能という特性から休日や祝日、深夜から早朝などと時間を選ばずに行えます。

ただ通常の取引所だとサポートの対応時間が10:00〜18:00までなどとなっているので、自分が頻繁に取引する時間にアクシデントが起こると途方に暮れることもあります。

さらに返信も一ヶ月返ってこないなどという取引所もある中、DMM Bitcoinの24時間365日対応可能、さらにはLINEでも問い合わせ可能というのは非常にうれしいポイントです。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

初心者コンテンツも充実!

DMM BitcoinのDMM.comグループ会社らしいポイントですが、上の画像のように「仮想通貨の取引について」や「取引の流れ」、リスクなどについて解説しているコンテンツが充実しています。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

これから仮想通貨取引をはじめるという人はぜひ読んでおきましょう!

すでに取引を経験している人でも、取引所ごとに「板取引」や「販売所形式」などといった違いもあるので、復習の意味で一読してみることをおすすめします。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinに関するTwitterまとめ

DMM Bitcoin登録だん pic.twitter.com/GwkicaB7tO

— 暗号通貨王子 (@Bitcoin_Invest) 2018年1月10日

DMM Bitcoinの口座開設ハガキが郵送された模様。

手続きしてから2日弱くらいのスピード感。今なら早いですね。 pic.twitter.com/AjOkUlu235

— ポイン@仮想通貨ハイパーニート (@poipoikunpoi) 2018年1月12日

明日はDMM Bitcoin上がるかな〜楽しみや〜#XRP #リップラー八木 #リップル

— ぷちぱ☆八木ひなた🐐3.21ワンマン (@yagihinata) 2018年1月10日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMMグループ創設者の亀山会長もコメント!

DMMの亀山会長もDMM Bitcoinスタートを機に仮想通貨投資を始めるとのコメントをしています。

俺はFXもBitcoinも買ったことはないんだけど、流行りものなので始めます。ご利用お待ちしてまーす! https://t.co/BDu2jJzmOj

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

追記〜!
俺は買ったこともないけど、DMM Bitcoinのチームは証券や仮想通貨のプロ集団がやってるのでご安心をー!

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録方法

口座簡単は簡単3STEP

口座解説は3つのステップで簡単に登録することができます。

必要なものも「メールアドレス」だけで、あとは自分の情報を入力して「本人確認書類」を撮影してアップロードすれば完了です。

数日後にDMM Bitcoinから確認の葉書が届いたら取引を開始することができます。

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

さいごに

とうとう仮想通貨業界へ参入を果たしたDMM Bitcoin。

種類の豊富なアルトコインでレバレッジ取引ができて手数料無料など魅力が満載です。

確認の葉書が到着するまで数日かかるので、興味のある方は登録が混み合う前に早めの登録をおすすめします!

[box class=”blue_box” title=”関連記事”]
「DMM Bitcoin」が正式発表!DMMビットコインは2018年1月開設予定の7銘柄を取り扱う国内取引所!
[/box]

DMM Bitcoinならアルトコインでレバレッジできる!XRPやXEMなど人気のアルトでレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinを始めよう!

[box class=”red_box” title=”「アルトコインでレバレッジ取引」が魅力の「DMM Bitcoin!!”]
XEMやXRP、ETHなど国内人気トップクラスの7種類のアルトコインのでレバレッジ取引できるのは「DMM Bitcoin」だけ!

アルトコインのボラティリティが激しい時こそレバレッジ取引のチャンス!

今なら新規登録で1,000円プレゼントキャンペーン実施中!!
[/box]

昨年12月に発表されたDMM.comグループの仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」。

先日の登録受付開始も話題になりましたが、とうとう取引が開始されて話題となっています。

本記事ではそんな 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン!

「2018年1月11日(木)~2018年3月31日(土)」 の期間限定で、DMM Bitcoinのリリース記念キャンペーンが開催中!

新規口座開設完了だけで もれなく1,000円プレゼント!

期間限定キャンペーンなので登録はお早めに!

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

DMM Bitcoinの特徴!

取引可能な仮想通貨は全7種、通貨ペアは合計14種類!


DMM Bitcoinでは仮想通貨7種類のうちBitcoinとEthereumの2種類が現物取引可能で、その2種を含め全てでレバレッジ取引が可能です。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

アルトコインのレバレッジ取引ができるので、相場が停滞気味の時や、価格が下がる一方の時でも利益を出すことができる!

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

取引手数料、入出金(送金)手数料などが無料!

DMM Bitcoinは手数料が無料で取引することができます。
※ レバレッジ手数料を除き、手数料が無料。

さらに利益として得た日本円や現物の出入金も手数料無料です。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

PCブラウザはもちろん、スマホアプリにも対応!

PCでの取引も可能で、さらに見やすい画面のスマホアプリもあるのでトレードの幅が広がります。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント”]

スマホアプリなら外出中のもしもの時にでもすぐに取引をすることができます。

また自宅で取引をする時でも、PCに向かって座りながらだけでなく、スマホアプリなら楽な姿勢で取引できることもうれしいメリットです。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

サポートが365日24時間対応!さらにLINEでも連絡可能!

仮想通貨取引所の対応としては例のない、24時間365日対応可能なサポートなのですぐに連絡することができます。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

仮想通貨の取引は、いつでも送金可能という特性から休日や祝日、深夜から早朝などと時間を選ばずに行えます。

ただ通常の取引所だとサポートの対応時間が10:00〜18:00までなどとなっているので、自分が頻繁に取引する時間にアクシデントが起こると途方に暮れることもあります。

さらに返信も一ヶ月返ってこないなどという取引所もある中、DMM Bitcoinの24時間365日対応可能、さらにはLINEでも問い合わせ可能というのは非常にうれしいポイントです。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

初心者コンテンツも充実!

DMM BitcoinのDMM.comグループ会社らしいポイントですが、上の画像のように「仮想通貨の取引について」や「取引の流れ」、リスクなどについて解説しているコンテンツが充実しています。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

これから仮想通貨取引をはじめるという人はぜひ読んでおきましょう!

すでに取引を経験している人でも、取引所ごとに「板取引」や「販売所形式」などといった違いもあるので、復習の意味で一読してみることをおすすめします。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinに関するTwitterまとめ

DMM Bitcoin登録だん pic.twitter.com/GwkicaB7tO

— 暗号通貨王子 (@Bitcoin_Invest) 2018年1月10日

DMM Bitcoinの口座開設ハガキが郵送された模様。

手続きしてから2日弱くらいのスピード感。今なら早いですね。 pic.twitter.com/AjOkUlu235

— ポイン@仮想通貨ハイパーニート (@poipoikunpoi) 2018年1月12日

明日はDMM Bitcoin上がるかな〜楽しみや〜#XRP #リップラー八木 #リップル

— ぷちぱ☆八木ひなた🐐3.21ワンマン (@yagihinata) 2018年1月10日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMMグループ創設者の亀山会長もコメント!

DMMの亀山会長もDMM Bitcoinスタートを機に仮想通貨投資を始めるとのコメントをしています。

俺はFXもBitcoinも買ったことはないんだけど、流行りものなので始めます。ご利用お待ちしてまーす! https://t.co/BDu2jJzmOj

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

追記〜!
俺は買ったこともないけど、DMM Bitcoinのチームは証券や仮想通貨のプロ集団がやってるのでご安心をー!

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録方法

口座簡単は簡単3STEP

口座解説は3つのステップで簡単に登録することができます。

必要なものも「メールアドレス」だけで、あとは自分の情報を入力して「本人確認書類」を撮影してアップロードすれば完了です。

数日後にDMM Bitcoinから確認の葉書が届いたら取引を開始することができます。

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

さいごに

とうとう仮想通貨業界へ参入を果たしたDMM Bitcoin。

種類の豊富なアルトコインでレバレッジ取引ができて手数料無料など魅力が満載です。

確認の葉書が到着するまで数日かかるので、興味のある方は登録が混み合う前に早めの登録をおすすめします!

[box class=”blue_box” title=”関連記事”]
「DMM Bitcoin」が正式発表!DMMビットコインは2018年1月開設予定の7銘柄を取り扱う国内取引所!
[/box]

TOPへ