Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
銀行 | Money Tapリリース!マネータップで24時間365日手数料無料で即送金可能に! | No:23947 | | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 銀行 」 一覧

Money Tapリリース!マネータップで24時間365日手数料無料で即送金可能に!

SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asia株式会社が、スマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」のサービスを開始しました。

9月26日にはSBI Ripple Asia株式会社が、財務局で電子決済代行業者としての登録を完了したことを発表していました。

[kanren postid=”4329″]


[btn class=”lightning big”]口座開設のお申込みはこちら [/btn]

24時間365日手数料無料で送金が可能!

24時間365日送金手数料無料で銀行間の即時送金が可能なスマホアプリ「マネータップ」がサービスを開始しました。
10月4日にSBIホールディングスが公式サイト上で発表しました。

このサービスは国内銀行の住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3行が参加しており、ripple(SBI Ripple Asia)が提供する分散型台帳技術「xCurrent」を利用しています。

サービス内容

マネータップの画期的な点は下記の3点です。

[aside type=”boader”]

  1. 24時間365日即時反映で送金可能
  2. 他行宛の振込手数料無料
  3. 電話番号やQRコードで送金可能

[/aside]

他行宛というのは3つの参加銀行間のことで、その他の銀行へのサービスには現在残念ながら対応していません。
しかし参加銀行は今後増える予定だとし、サービスの拡大が期待されます!

  • マネータップの銀行間振込手数料

[table id=4480-001 /]

また、送金に際して口座番号情報以外にも電話番号やQRコードを使用できる点も注目されています。
より手軽な決済手段としてのツールに活用されることも考えられ、すでに店舗のウリの一つとして採用されているケースも見られます。

早速ですが本日からお店で #MoneyTap 導入します!!
マネータップでお支払いの方にはドリンクとちょっとした前菜をサービスします!!
実際にお店でマネータップを使ってみませんか?

門前仲町 IL ZELANTE#XRP #SBI #リップル #マネータップ #ripple #仮想通貨 #暗号通貨 pic.twitter.com/kLb9BeYmBC

— Rusty Ryan@リップラー (@XRP_Rusty) 2018年10月4日

サービスの利用には該当口座が必要

マネータップの利用には、参加銀行であるSBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行いずれかに口座を開設している必要があります。
まだの人はぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

特にSBI銀行は手数料や証券口座の併用での利便性など、投資との相性が非常に良い銀行なのでおすすめです!

[btn class=”lightning big”]口座開設のお申込みはこちら [/btn]

iOSとAndroidで無料ダウンロード可能

Money TapはApp StoreならびにGoogle Playにて10月4日より順次ダウンロード可能となっています。
ダウンロードは無料で、口座情報を登録すればすぐに使用することができます。

SBIネット銀行に登録してマネータップを利用しよう!

[bank-SBI_NET_BANK]

[kanren postid=”4329,4377,538″]

SBI Ripple Asia、財務局で電子決済業者の登録を完了!Money Tapローンチへの道筋がクリアに

東京に拠点を置くSBI Ripple Asia株式会社が、財務局で電子決済代行業者としての登録を完了したことを発表しました。

SBI リップルアジアが電子決済代行業者としてのライセンスを獲得

2018年9月26日、リップルのブロックチェーン技術を利用したフィンテックサービスを提供する「SBI Ripple Asia」は、関東財務局での電子決済代行業のライセンスを取得したと発表しました。

これにより今秋リリースを予定している銀行間送金アプリ「Money Tap」のハードルがクリアされたことになります。

6月に行われた金融庁の発表によると、銀行の公開APIを使って電子決済を扱う代理企業は、地方財務局に登録する必要があります。
Money Tapはこの規制が適用されるため、今回の登録で課題が解決されたかたちです。

Money Tapは住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の国内3銀行で提供を開始し、今後60以上の金融機関と連携拡大することを発表しています

SBIリップルアジアの最高経営責任者(CEO)の沖田 貴史(おきたたかし)氏は、秋のリリースではiOSとAndroidデバイスの両方でアプリケーションを利用できるとしています。

参考:coindesk

[aside]補足
電子決済等代行業とは、オープンAPIなどを活用し「預金者の銀行口座残高や利用履歴等の情報を銀行から取得し、提供すること」や「預金者の銀行口座から他の銀行口座への振込等の指図を預金者の代わりに銀行に対して伝達すること」などのサービスを提供する事業者のことです。
[/aside]

[explain-ripple]
[ex-ja-XRP]

楽天証券なら貯まったポイントで株式投資!Zaifに出資の2社が高騰の可能性

  2018/09/21    Zaif, 取引所&販売所, 投資, 銀行

本日発表されたZaifのハッキング被害を受けて支援契約を結んだ2社が、今後の株価高騰の可能性があるとして、投資家の間で話題となっています。
ハッキングのニュースについて詳しくは、下記の記事にて解説しています。

[kanren postid=”4212″]

今日どうなるフィスコの株価(。・ω・。)

— 菊地 英明 (@kiku1227) 2018年9月19日

フィスコとカイカが株価高騰?その理由とは

Zaifの仮想通貨流出を受けて買収を前提とした支援を発表したフィスコと、セキュリティ面での全面支援を発表したカイカそれぞれの株価に注目が集まっています。
その理由は、過去のコインチェック事件の際に買収を発表したマネックスグループの株価の暴騰にあります。

利益率の高い取引所を買い取ることで業績アップ

記事をお読みのあなたは、仮想通貨取引所の利益率の高さをご存知でしょうか。
マネックスが買収したコインチェックの決算発表によると、その営業利益率は破格の86%だったとのことです。

取引所全てがこの数字ではないとしても、通常利益率の良い美容業界でも50%程度と言われていますから、高い利益率であることは想像に難くありません。
下の画像は、実際に買収を発表した後のマネックスの株価のチャートです。
2018年4月から急激に高騰し、現在は少し落ち着いてはいるものの、買収発表前よりも高値で推移を続けています

300円台だったマネックスの株価は、買収の発表を受けて最大700円台にまで上昇し、2倍以上の価値になったのです。

マネックスグループや今回のフィスコによる買収も、セキュリティ面で改善の余地はあるとしても、仮想通貨取引所としてある程度のレベルで運営できる事業を手に入れることは、企業として大きなメリットなのです。

楽天証券なら取引でポイントが貯まる・使える!

ここまでの価値上昇を見せると、今日を機会に投資対象として株に興味が湧いてきたという方もいるのではないでしょうか。
そこで本記事では、株取引におすすめの楽天証券をご紹介します。
[aside type=”boader”]楽天証券の魅力

  1. 手数料が安くて取引するごとにポイントがもらえる!
  2. いつでもどこでも取引できるスマホアプリが使える!
  3. じっくり派もアクティブ派も投資スタイルに合わせた商品が豊富!
  4. 楽天ポイントを使って投資できる!
  5. 新規デビューキャンペーンがアツい!

[/aside]
以下に詳しく解説していきます。

手数料が安くて取引するごとにポイントがもらえる!

楽天証券は、業界最低水準の取引手数料が魅力です。

また、取引手数料の1%をポイントバックしてくれます。
取引するほどポイントが貯まり、実質手数料もさらにお得になりますから、楽天グループならではの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

楽天グループは証券以外にも様々なサービスを提供しており、楽天経済網とも言えるお金の回る仕組みを構築しています。
グループ内全てのサービスで使えるポイントが、株式投資にも活用できるとなれば、これは他社にはない大きなメリットかと思います。

いつでもどこでも取引できるスマホアプリが使える!

株価や状況、ニュースやチャートなど、常に知りたい最新情報を集めてくれています。
しかも自分好みにチャートカスタマイズが可能で、株式投資の強い味方です。

[aside type=”boader”]

    対応取引

  • 現物
  • 信用

[/aside]

じっくり派もアクティブ派も投資スタイルに合わせた商品が豊富!

仮想通貨ユーザーであればアクティブ派を好む人が多いかもしれませんが、以下のような多彩な商品から選択して投資することができます。

[aside type=”boader”]アクティブ

  • 株式
  • FX
  • 信用取引
  • 先物 etc..

[/aside]

[aside type=”boader”]じっくり

  • 投資信託積立
  • 純金積立 etc…

[/aside]

銘柄を選ぶのは面倒という方には「楽ラップ」という選択肢も

ロボアドバイザーを使ったお任せ資産運用「楽ラップ」が登場しています。
楽ラップとは楽天証券があなたに変わって投資を行ってくれるというサービスで、ロボアドバイザーがあなたに合った資産運用方法を提案してくれるというものです。
経験や時間の有無に関わらず投資ができるということで、注目を集めています。

楽天ポイントを使って投資できる!

先ほど手数料部分でも紹介したように、取引によって楽天ポイントがもらえます。

楽天証券でポイントをゲットする方法はそのほかにも紹介プログラムが用意されていて、友人や家族などに紹介すると、紹介者と紹介された人両方が2,000ポイントずつ受け取ることができます。

さらに、貯めたポイントは投資に回すこともできるんです!
もちろん楽天市場などの他サービスに使ってもいいのですが、ちょっとした投信など、現金では手を出しにくい商品にポイントを当てて投資の幅を広げるのも面白いと思います。

新規デビューキャンペーンがアツい!

quoinexlight

新規に楽天証券に口座開設すると、各種取引で最大20,000ポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。
楽天は定期的にこのような新規ユーザーに向けたキャンペーンを行っていますので、開催している今がチャンス!

楽天銀行の同時利用で通常より5倍の優遇金利!

楽天銀行

楽天証券を使うなら、ぜひ同時に楽天銀行も口座開設してマネーブリッジ(楽天銀行連携サービス)を利用することをおすすめします。
通常金利より5倍の0.1%の優遇金利が適用になるほか、下記のような特典が受けられてお得です!

[aside type=”boader”]

  • 楽天証券口座との自動入金サービス
  • ATM手数料最大7回無料

[/aside]

自動入金サービスとは、楽天証券口座に残高がなくても、楽天銀行から自動的に入金して取引を可能にしてくれるサービスです。
詳しくはこちらの動画で説明されています。

楽天銀行 公式サイトはこちら

貯めたポイントも投資に使える楽天証券

[unit-rakuten_shouken]

さいごに

大きな事件がおこったときにはむしろ投資のチャンスです。
仮想通貨に注目していることで、株取引でも投資のタイミングを掴みやすくなることを実感します。
この機会にぜひ、楽天証券から株取引デビューしてみてはいかがでしょうか。

[kanren postid=”4212″]

Ripple社COOが100社以上の企業との契約締結を発表!

Ripple社の共同設立者兼COO(最高執行責任者)であるChris Larsen(クリス ラーセン)氏が、同社がすでに100以上の企業との契約を締結し、準備は整っていると述べました。

100以上の企業との契約締結とその意味

アメリカメディアのTHE DAILY HODLによると、この発言はChris Larsenが2018年9月5日から7日に渡って米カリフォルニアで行われた「クリプト・ファイナンス・カンファレンス」にて講演者を務めた際のものです。

この発言は、契約を結んだ企業たちがリップルの技術をテストするだけでなく、将来的にリップルによる製品を商業的に統合、利用していくことに同意したことを意味しています。

Ripple社CEOのBrad Garlinghouse(ブラッド ガーリングハウス)氏は以前より1週間に1社のペースで銀行との契約を進めていることを明らかにしていました。

私たちにとって、信じられないような2018年でした。
現在、1週間に1つの銀行と契約を結んでいます。
私たちはクエートで最大の国立銀行(National Bank of Kuwait)と契約したことを発表しました。

そしてもし[Ripple]が勢いを増し続け、ダイナミックにネットワーク効果がある場合は、参加者が多いほど、参加する価値は高くなります。
我々は今その勢いが構築されていくのを見ているところです。


It’s been an incredible 2018 for us. We’re now signing up one bank to a production contract per week. We announced that we signed the largest bank in Kuwait, the National Bank of Kuwait, so if [Ripple] continues to build momentum and the dynamic there is the network effect.

The more participants, the more value in joining. So we’re seeing that momentum build.

Rippleは現在、XRPの総供給量の60%を所有しており、その投資額の91%がエスクロー(預託)されています。

リップル買うならビットポイント

[ex-jp-BITPoint]

【優遇金利のキャンペーン中!】手数料がお得なGMOあおぞらネット銀行に口座開設するべき理由!

仮想通貨にも参入して質の高いサービスを提供しているGMOグループがネット銀行にも参入したのをご存知ですか?

本記事では、GMOがあおぞら銀行と共同出資し2018年7月に誕生したGMOあおぞらネット銀行の特徴をご紹介します!
金利の高さや他行とは違うサービスや手数料など、特徴を徹底解説します!

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら 

GMOあおぞらネット銀行とは?

まずは、GMOあおぞらネット銀行について、どんな銀行なのか簡単にご紹介します。

インターネットバンキングの広がりやスマートフォンの普及、FinTechの進歩により、キャッシュレス社会がそこまできている現状を受け、あおぞら銀行とGMOインターネットが共同で出資し、2018年7月に事業開始した新しいネット銀行がGMOあおぞらネット銀行です。

GMOあおぞらネット銀行は、下記の4点をコンセプトとして事業運営していくそうです。

[aside type=”boader”](1) EC事業者を含む中小企業・小規模事業者等のお客さまに、生産性向上につながる銀行サービスを低価格で提供する

(2) 個人のお客さまにITを駆使したスマートな次世代型機能とGMOクリック証券株式会社(以下、GMOクリック証券)と連携した魅力ある銀証連携サービスを提供する

(3) GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)グループ、株式会社あおぞら銀行(以下、あおぞら銀行)グループと連携することに加え、外部のFinTech企業とも連携して、ユニークなサービスをスピーディーに展開する

(4) 低価格のサービス提供を実現するために、システムは最先端のIT技術を活用し、圧倒的なコスト低減を図る
[/aside]
(GMOあおぞらネット銀行プレスリリースより)

また、ネット銀行だからこそ、Webサイトやアプリの使いやすさにこだわっているのだそうです。
それを裏付けるデータとして、現在所属している社員100人超のうち、半分がエンジニアとのこと。

しかもシステムはすべて内製。
社内の開発者やデザイナーが常にサービスをより良くする体制を整えています。

ATMはセブン銀行と提携。
セブン銀行ATMはセブンイレブンはもちろん、イトーヨーカドー系列のショッピングセンターにも多く設置されています。

そして、現在事業開始を記念したキャンペーンで下記2つのキャンペーンを行っています。

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら

GMOあおぞらネット銀行事業開始・金利優遇キャンペーン!

一つ目のキャンペーンは、金利優遇がメインのキャンペーンです。
外貨普通預金と円定期預金金利が期間中、特別金利で利用できます。

後述しますが、GMOあおぞらネット銀行は金利の高さが魅力です。
その金利がさらに期間限定で上がるので、口座開設の絶好のチャンスと言えます。
特に外貨の預金金利は非常にお得になります!!

外貨預金の金利については、下記の画像にまとまっています。

さらに今ならキャンペーンで上乗せ金利が適用!

<!–

–>

また、Visaデビット付キャッシュカードでのデビットカード利用金額1%のキャッシュバックもあります!

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら 

GMOあおぞらネット銀行事業開始・未成年者口座優遇キャンペーン!

このキャンペーンは口座開設した15歳以上20歳未満のユーザー、または15歳未満のユーザーとその親権者に適用されます。
10代の間はなかなかまとまった額を一気に口座から引き出すことができないですよね。
そこで、ATM引き出し無料回数が通常より大幅UPに!

また、さきほど紹介したキャンペーンと同様、円定期金利も特別金利になります。
デビットカードのキャンペーンは15歳未満のユーザーには適用されませんが、それでも十分お得なキャンペーンです!

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら

GMOあおぞらネット銀行に口座開設すべきメリットとは?

GMOあおぞらネット銀行を利用するメリットとして、どんなものがあるのでしょうか?
口座開設すべきメリットを徹底紹介していきます。

外貨預金金利が高く、為替手数料も安い!

仮想通貨や投資に関心を持っている方には、外貨預金についても挑戦しているという人もいるでしょう。
GMOあおぞらネット銀行の外貨預金では8種類に対応しています。
下記にGMOあおぞらネット銀行の外貨預金の金利と為替手数料をまとめました。

[table id=3856-01 /]

ネット銀行ならではの高金利で、かつ現在キャンペーン中で先ほどキャンペーンの部分でご紹介した通りさらに金利が上がっています。
また、為替手数料が安いことも魅力の一つです。

為替手数料はメガバンクでだいたい1円程度のなか、GMOあおぞらネット銀行はネット銀行の中でもトップクラスの安さとなっています。

500円からの積立購入も可能で、購入上限レートを自分で設定できるという特徴ももっています。
外貨預金をよくやっているという人も、はじめて外貨預金をする人も安心して利用できます。

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら

預金金利が高いから預金資産でも他行より貯めやすい!

GMOあおぞらネット銀行の大きなメリットは預金金利が高いことです!

超低金利時代の今、いわゆるメガバンクに預金している人は金利はほぼ付かないことを前提にして預金していると思います。
しかしGMOあおぞらネット銀行では預金をしておくだけでお小遣いが増えるチャンスが他行に比べて圧倒的に高いと言えます。

GMOあおぞらネット銀行では、普通預金と定期預金を取り扱っています。
定期預金の金利も他行より高水準の0.02%であるのですが、さらに現在キャンペーンで円定期預金金利が0.2%(1年以上2年未満)と非常に高いのは先述しました。

しかし今回注目したいのは普通預金の金利です。
通常の普通預金の金利は他行と比べ大きくメリットのある内容ではありません。
しかし、「証券コネクト口座」を利用すると、下記の通りこの金利が大幅(なんと150倍!)に上がります

証券コネクト口座は、GMOクリック証券と連携した円普通預金口座です。
証券コネクト口座へ預け入れたお金は、ユーザーのGMOクリック証券口座の現物の買付余力に自動的に反映し、株式や投資信託、外国債券などの取引に利用が可能。(※IPO銘柄など一部商品の買付余力としては使用不可なものもあり)

株式の売却時などに伴う精算代金は、証券コネクト口座とGMOクリック証券口座との間で自動的に振り替えられます。
この仕組みを活用することで、通常の金利の150倍もの金利を、普通預金で実現しているというわけです!

定期預金の方が満期より前に引き出そうとすると金利が下がったりするなど、やや自由度に欠ける代わりに金利が普通預金より高い、ということが多かったと思います。
しかしこの商品は普通預金でありながら、定期預金よりも金利が高い!というのが大きなメリットです。

投資感覚で預金をすることも可能で、まさに「投資する預金」といえるでしょう。

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら

デビットカード一体型キャッシュカードでキャッシュバック!

メリットの二つ目はデビットカード一体型キャッシュカードの発行ができる点です。
GMOあおぞらネット銀行のキャッシュカードは発行手数料、年会費とも無料でVisaデビット機能がつけられます

海外ではキャッシュレス社会が進み、クレジットカードやデビットカードは生活に欠かせません。
子供にお小遣いを現金で渡すよりも、上限額を設定したデビットカードなどで対応することを普通としている国もあるくらいです。

デビットカードはクレジットカードと同じ感覚で買い物ができ、利用代金は口座から即時引き落としされます。

しかもデビットカードは利用額の一部のキャッシュバックがあるため、現金で決済するよりもお得です。

GMOあおぞらネット銀行のデビットカード付キャッシュカードでのデビットカード利用では、利用額の0.6%がキャッシュバックされます。
この割合は業界最高水準となっていますので、利用しない手はありません!

15歳未満のユーザーにはこの機能は付与できませんが、電子マネーの感覚で手軽に使えるデビットカードが発行手数料・年会費無料で付与できるというのは非常に便利なメリットです。

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら

つかいわけ口座を使って、資産管理!

GMOあおぞらネット銀行でご紹介するメリットの三つ目は「つかいわけ口座」のサービスです。
口座を開設すると、その主口座にぶらさがる形で10個まで副口座(つかいわけ口座)を持てるというもの。

例えば「食費」の他に「家賃」、「貯蓄用」などを設定してもいいですし、資産ごとや副業ごとに口座を分けたいという人はそれぞれの項目を作っても良いですね。
それぞれの金額を設定すれば、毎月または毎週の決めた日に自動で主口座からの振り替えができます

また、今では現金で支払うよりクレジットカードなどで決済をしたほうがポイントやマイルが貯まってお得なことが多いですよね。
使い分け口座にクレジットカードの引き落としも紐付けておけば、簡単に生活費の管理ができます。
また、貯金額の状況もすぐに把握できるので、目標額まで後どのくらいなのかすぐチェック可能です。

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら

ブロックチェーン決済に期待!

インターネット分野で圧倒的な知名度と安定性を誇るGMOグループ。
GMOコインでの仮想通貨部門参入に加え、今回ネットバンキングにも進出したことで気になるのは「ブロックチェーン技術を利用した今後のサービス展開」です。

上記が、GMOあおぞらネット銀行がプレスリリースで発表した中長期的なロードマップです。
今後、ブロックチェーン技術を利用した新決済システムがリリースされるのではないかとされています。

具体的な発表はまだのようですが、GMOコインとの連携も期待され、非常に楽しみなネット銀行と言えます!

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら

GMOあおぞらネット銀行の特徴

[aside type=”boader”]

  • 定期・普通ともに高金利で外貨預金の金利・手数料も◎!
  • ブロックチェーン決済サービスも今後リリース予定、GMOコインとの連携もある?
  • デビットカード対応キャッシュカード。デビットカードは業界最高水準のキャッシュバック

[/aside]

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら 

おわりに

いかがでしたか?
GMOあおぞらネット銀行の特徴やメリット・デメリットについてまとめました。
証券コネクト口座を使った金利の高さや、為替手数料の安さ、デビットカードの高水準のキャッシュバックにつかいわけ口座など、非常に魅力的なサービスを展開していることがわかります。

また、ブロックチェーン決済技術を開発予定とのことなので、今後は仮想通貨目線でも目の離せない銀行になりそうです。
登録キャンペーンは期間限定ですので、お早目に!

GMOあおぞらネット銀行 公式はこちら 

BANKERAがHitBTCへの上場決定

先日バヌアツの銀行を買収したことも記憶に新しい、ICO開催中の「BANKERA」(バンクエラ)が取引所「HitBTC」へ上場することが決定しました。

[box class=”green_box” title=”海外取引所「HitBTC」”]
参考 :

HitBTC 公式サイトはこちら

[/box]

[kanren postid=”1670″]

HitBTCへの上場決定の発表です。 https://t.co/iBHadhxMfD

— Bankera Japan (@BankeraJP) 2018年2月21日

[aside type=”boader”]参考 : Listing Bankera’s Tokens: BNKs will be available at HitBTC – Bankera[/aside]

BANKERAのICOは終了まで残り1週間を切っていますが、このタイミングでの上場決定のアナウンスは参加者達への朗報となった様子です。

【Bankera(バンクエラ)、HitBTCに上場】

・上場日程はまだ未定
・HitBTCは取引所高世界11位

とうとうきたかBNK
世界を変えてくれ!

— OVER🌕 (@ooba_bitbit) 2018年2月22日

BANKERA、HitBTCに上場決定

— ビットコハム太郎 (@Himawari_Hamuta) 2018年2月22日

BankeraがHitBTCに上場するみたいです。
あれだけ大規模なプロジェクトだと信頼度も高いですね!https://t.co/J7gMiGlVGy

— カツキング@仮想通貨な筋肉投資家 (@invest_habit) 2018年2月22日

[box class=”green_box” title=”海外取引所「HitBTC」”]
参考 :

HitBTC 公式サイトはこちら

[/box]

TOPへ