海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 送金 」 一覧

GMOコインが仮想通貨送金管理サービス「GMO SigNeD」をリリース!

GMOインターネットグループのひとつ、GMOシステムコンサルティング株式会社より、マルチシグベースで仮想通貨の送金管理ができる「GMO SigNeD」の提供が開始されました。


[colwrap]
[col2]
[btn class=”lightning big”]

公式サイトはこちら

[/btn]

特許出願中のサービス「GMO SigNeD」とは

以下プレスリリースから引用。

GMOインターネットグループのGMOシステムコンサルティング株式会社(代表取締役社長:糸山 日出男 以下、GMOシステムコンサルティング)は、マルチシグ(※1)ベースで仮想通貨の送金管理ができる「GMO SigNeD」(URL:https://signed.jp/ )を、本日2018年9月10日(月)より提供開始いたしました。
 仮想通貨の送金を行いたい事業者は、「GMO SigNeD」を利用することで、お客様専用のマルチシグアドレス(※2)を作成でき、アドレスから行う一連の送金フローをGUI(※3)上で簡単に運用管理することが可能です。
また、アドレスの秘密鍵を事業者側と「GMO SigNeD」側で分散管理することにより、仮想通貨の不正流出や誤送金リスクを低減することができます。
 なお、本サービスは現在特許出願中です。(出願番号:特願2018-041989)

(※1)マルチ・シグネチャーの略。仮想通貨の取引(送金)の際、複数の秘密鍵による署名(承認)を必要とする仕組み。
(※2)マルチシグ対応の口座番号のようなもの。
(※3)Graphical User Interfaceの略称で、ウィンドウ上にアイコンやボタンなどが配置され、システムの操作を行いやすい画面のこと。

GMO SigNeDでは、仮想通貨の送金をしたい業者専用のマルチシグアドレスを作成・提供します。

そしてそのアドレスを通して行われる仮想通貨の送金が一元管理できることにより、送金フローの把握が容易になり、さらにその管理画面の使いやすさ(わかりやすさ)も特徴の一つとしています。

サービス提供の背景

GMOインターネットグループでは、今回のサービス提供開始に関して、下記のような背景があるとしています。

[aside type=”boader”]

  • GMOインターネットグループでは仮想通貨事業を主力事業の一つとしていること
  • 仮想通貨の取引(送金)におけるマルチシグによるセキュリティ対策ニーズが高まっていること
  • セキュリティを高めつつ秘密鍵の管理をしやすくすることが解決するべき課題

[/aside]

マルチシグアドレスの秘密鍵をユーザー側と「GMO SigNeD」側で分散管理するため、仮想通貨の不正流失や誤送金、秘密鍵の紛失による凍結といったリスクを低減することができます。

また、ユーザー側とGMO SigNeD側ではお互いの秘密鍵を共有しません。
このこともセキュリティを高め、GMO SigNeD側から万が一の攻撃があったとしても、秘密鍵や仮想通貨の持ち出しができないようになっています。

[aside]
すでにゲームアプリ内で導入事例あり
GMOインターネットが開発したゲームアプリ「CryptoChips byGMO」において、ゲームプレイヤーへの報酬としてビットコインを配布する際の仕組みとして活用されています。
(参考:https://www.gmo.jp/news/article/6111/
[/aside]

アルトコインも続々対応予定

現在GMO SigNeDはビットコインのみの対応ですが、今後はアルトコインへの対応も予定しています。

システムインテグレータとしてのGMOシステムコンサルティング株式会社

GMO SigNeDを提供している「GMOシステムコンサルティング株式会社」は、インターネットインフラを活用したWebシステムの開発、保守、運営を請け負うシステムインテグレータです。

インテグレート(integrate)は統合を意味し、文字通りクラウドECパッケージ「ecOrigins byGMO」の提供をはじめ、ネット通販サイト構築など、EC支援において実績を持ちながら、仮想通貨関連技術の研究開発も盛んに行っている会社です。

GMOインターネットグループでは、GMOコインが仮想通貨取引所サービスを開始し、外貨預金や投資に強いあおぞらネット銀行を立ち上げたりと活発な動きが見られます。
今回の仮想通貨送金サービスも併せて、フィンテック業界において目の離せない状態が続きそうです。

「GMO SigNeD」公式サイト

口座開設するだけでビットコインがもらえるGMOコイン

[campaign-gmocoin]

[kanren postid=”3856,3957,3152,2899,101″]

ハードウェアウォレットでも注意!マルウェア感染が危ない

ハードウェアウォレットがマルウェアに感染されると盗まれる危険性があります。

コインチェック事件以降、仮想通貨取引所に通貨を預けるのは危険だと思った方はたくさんいると思います。
そこで取引所よりもハードウェアウォレットに通貨を入れておけば安心と考えた人も多いはずです。

しかしハードウェアウォレットも完全に安全ではありません

ハードウェアウォレットでもマルウェアに感染するとアドレスが書き換わり違うアドレスへ送金されてしまう恐れがあります。
ここで怖いのが小額送金の場合はアドレスが書き換わらず、多額になったとたんにアドレスが変わるマルウェアがあります。

さらに怖いのがウィルス対策ソフトでもこのマルウェアは検知されないことがあります。

そのため、送金など行う際は必ずハードウェアウォレットのアドレスが一致しているかの確認を行うことが大切ですね。
マルウェア感染を完全に防ぐことは難しいので、送金専用のPCを使ったり、必要なときだけ送金をして送金回数を減らすことが現在できる対策かと思われます。

TOPへ