Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
ビットコイン | ビットコインキャッシュが回復中! | No:22799 | page 3 of 3 | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報-3ページ

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 ビットコイン 」 一覧

ビットコインキャッシュが回復中!

ビットコインキャッシュが16万円を超えました。

ビットコインが100万円を超えて、ビットコインキャッシュも16万円になりました。

今年に入り1月は全通貨が暴落しました。
基軸となっているビットコインが上がり、暴落からようやく上昇トレンドに入ってきているのかと思われます。

余談ですが、AI予想でもビットコインキャッシュが2月中に急騰すると予想していましたね。
もしかしたら2月下旬はビットコインキャッシュが熱くなるかもしれませんね。

[ex-ja-BCH]

マイクロソフトがビットコインなどの分散型IDシステム導入へ

マイクロソフトID部門のプログラム管理担当ディレクターの ALEX SIMONS 氏(アレックス・シモンズ 氏)が、分散型IDシステムパブリックブロックチェーンの採用を発表しています。

アレックス氏はマイクロソフトのDID(ブロックチェーンベースの分散ID)に適したパブリックブロックチェーンとしてBitcoin、Ethereum、Litecoinを挙げています。

参考 : Decentralized Digital Identities and Blockchain – The Future as We See It. – Enterprise Mobility + Security

[ex-ja-LTC]

ビットコインが92万円!上昇トレンドへ反転か

ビットコインが92万円になり上昇を続けています。

一時は200万円台のビットコインでしたが、1月中旬から徐々に落ち始め6日には65万円まで落ち込みました。
このままどこまで下がり続けるのか不安でしたが、7日より上昇し始め今では92万円まで回復しました。

コインチェック問題、テザー問題、韓国規制問題、クレジットカード規制問題など、たくさんの問題がこの数週間で巻き起こりました。

もしかすると今は一時的な回復かもしれませんが、このままビットコインが上昇し仮想通貨全体が回復するといいですね。

[ex_list_ja]

【土日夜間も振込可】住信SBIネット銀行なら仮想通貨取引所への入金手数料無料【即入金可】

仮想通貨取引をする際、まずはじめに取引所へ日本円を入金して購入するのが基本です。
この時、毎回手数料が発生します。

しかし、住信SBIネット銀行の口座から送金することで、この手数料が無料になります。
今回は、仮想通貨取引をする方に欠かせないネット銀行、「住信SBIネット銀行」の特徴やメリットについてご紹介します。

[btn class=”lightning big”]住信SBIネット銀行公式サイト[/btn]

今なら新規口座開設キャンペーン実施中!

[campaign-sbinetbank]

住信SBIネット銀行の特徴・メリット

振込手数料は何回でも無料

住信SBIネット銀行では、同行間の振込手数料が24時間365日、土日夜間でも無料になります。
仮想通貨の主取引所では、住信SBIネット銀行と提携しているところが多いため、同行間の振込手数料は一切かかりません

[aside]住信SBIネット銀行提携取引所
・ビットフライヤー
・コインチェック
・Zaif
・GMOコイン
・ビットバンクCC
・QUOINEX
・ビットポイント
[/aside]

[btn class=”lightning big”]住信SBIネット銀行公式サイト[/btn]

入金速度が迅速

住信SBIネット銀行を使うと入金が反映される時間が非常に早く、平日昼間の時間帯であれば約10分で反映されます。

他行宛の振込手数料が無料(回数制限あり)

スマートプログラムという制度に基づいたランクに応じて月1回~最大15回まで他行への振込手数料が無料になります。

コンビニATMでも引き出し手数料が無料(回数制限あり)

以下のコンビニATMであれば、ランクに応じて引き出し手数料が無料になります。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ビューアルッテATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • スマートプログラム ランク変更条件の一例

    条件 無料の回数
    月末残高30万円以上 振込手数料 月3回無料
    引出手数料 月5回無料
    月末残高300万円以上 振込手数料 月7回無料
    引出手数料 月7回無料
    外貨預金と仕組預金の月末残高500万円以上 振込手数料 月15回無料
    引出手数料 月15回無料

    仮想通貨取引所への入金は住信SBIネット銀行がお得

    これからビットコインなどの仮想通貨を購入する方、または既に仮想通貨投資を始めているも、手数料を節約するなら住信SBIネット銀行の口座を作っておくと便利です。

    [btn class=”lightning big”]住信SBIネット銀行公式サイト[/btn]

    [ex_list_ja]

    「インドで暗号通貨が完全禁止」とメディアが誤報

    インドで暗号通貨が禁止されると誤って報道されたことが話題となっています。

    インドの財務相Arun Jaitley氏が2月1日の議会の予算演説で下記のように発言しました。

    「政府は暗号侵害を合法入札または硬貨と認識せず、これらの暗号セットの使用を排除するためのすべての措置を講じる予定である。
    引用 : India: Bitcoin Prices Drop As Media Misinterprets Govt… | News | Cointelegraph

    これを地元メディアが暗号通貨(ビットコイン)が禁止になると誤った解釈をして報道しました。

    ビットコイン価格が1月31日に $10,300(約 1,124,657.03円、約112万円)から2月1日には $9,512(約 1,038,615.30円、約103万円)に下がったことから、影響についての関連性も指摘されています。

    [ex_list_ovse]

    [ex_list_ja]

    韓国財務大臣が仮想通貨取引を禁止する計画はないと述べる

    韓国の財務大臣が、仮想通貨の取引を禁止する計画がないことを明らかにしています。

    2018年1月31日に韓国の財務大臣キム・ドンヨン氏が語ったところによると、

    「韓国政府は仮想通貨取引を禁止する計画はない、また抑制する意図もない」

    として韓国政府の仮想通貨に対する姿勢を明らかにしています。

    韓国では今年1月に規制もしくは禁止や、取引所閉鎖の可能性が浮上してビットコイン価格へ影響を与えていました。
    [box class=”blue_box” title=”関連記事”]

    関連記事 : 韓国で仮想通貨取引所の取引が禁止される可能性が浮上

    関連記事 : 韓国の仮想通貨の国民請願に21万人以上の同意が集まる

    [/box]

    また韓国では取引所の登録が匿名から実名制へと移行しましたが、その数は2017年からあまり変わっていないとも伝わっています。

    [ex_list_ovse]

    [ex_list_ja]

    Facebookが仮想通貨に関する広告を禁止

    米Facebook社が仮想通貨やICOに関するFacebook広告を禁止すると発表しました。

    2018年1月31日にFacebook社のプロダクトマネジメントディレクターRob Leathern氏が発表した新しいポリシーによると、バイナリオプション、ICO、仮想通貨に関連する金融商品やサービスを宣伝する広告を禁止するとしています。

    また発表の中で、

    詐欺や欺瞞の恐れなしに、Facebook広告を通じて新しい商品やサービスを発見し、学び続けることを望みます。

    としつつも、現時点でバイナリオプション、ICO、仮想通貨に関連する商品について広告を出す会社の多くは誠実に運営されていないとも記しています。

    New Ads Policy: Improving Integrity and Security of Financial Product and Services Ads | Facebook Business

    [ex_list_ja]

    [ex_list_ovse]

    TOPへ