Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
ネム | Liquid(元QUOINEX)にnemが上場! | No:23896 | | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 ネム 」 一覧

Liquid(元QUOINEX)にnemが上場!

2018年9月5日にワールドブックを特徴とした取引所Liquid(リキッド)として生まれ変わった元QUOINEX(コインエクスチェンジ)にNEMが上場しました!

Liquid

[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

[kanren postid=”3982″]

Liquid上でXEM/BTCの取引が可能に

Trade your #NEM $XEM with #Liquid (formerly known Qryptos) by @QuoineGlobal. Get access to portfolio-enhancing opportunities you won’t find anywhere else. https://t.co/AFiLDkq7Yz pic.twitter.com/V0O5Tu6qc6

— NEM (@NEMofficial) 2018年9月27日

ツイッターにもあるようにQuoineGlobalが運営するLiquid上での取り扱いとなり、残念ながら今の所日本版Liquidでの取り扱い開始ではないようです。

今のところQUOINE Japanからの公式発表はなく、今後の対応が気になるところです。

[ex-jp-QUOINEX]

[ex-ja-XEM]

[kanren postid=”3982,3997″]

【速報】NEM(XEM)がBinanceに上場!価格が高騰中!!

仮想通貨のNEM(ネム、単位はXEM)が海外の大手取引所Binance(バイナンス)に上場したことを、公式がアナウンスしています。

[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

#Binance Lists #NEM ( $XEM )https://t.co/a4NZzAautQ pic.twitter.com/H6Na7LS05W

— Binance (@binance) 2018年3月20日

Coincheck(コインチェック社)の事件もまだ記憶に新しい仮想通貨のNEMが、取引高世界一位(2018年3月20日時点)の超大手取引所「Binance」へ上場しました。

事件以降価格の下げを見せていたNEMですが、ここに来て一気に価格が高騰しています。

Binance 公式サイトはこちら

仮想通貨のNEMは処理時間の短さやその利便性から決済などに多く使用されており、日本でも根強いファンの多い仮想通貨です。

ここからの価格の巻き返しに期待がかかっています。

[ex-ovse-Binance]

[ex-ja-XEM]

[ex_list_ovse]

DMM Bitcoinの特徴を解説!DMM BitcoinならXRPやXEMなど人気のアルトコインでレバレッジ取引ができる!

<!– [box class="red_box" title="「アルトコインでレバレッジ取引」が魅力の「DMM Bitcoin!!"]

XEMやXRP、ETHなど国内で取引できる人気のアルトコイン7種類でレバレッジ取引できるのが「DMM Bitcoin」魅力です!

ボラティリティが大きい仮想通貨を取引するなら、「レバレッジ取引」がおすすめ!

今なら新規登録で1,000円プレゼントキャンペーン実施中!!

[/box] –>

本記事では 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

<!–

2017年12月に発表されたDMM.comグループの仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」。

先日の登録受付開始も話題になりましたが、とうとう取引が開始されて話題となっています。

本記事ではそんな 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

–>

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

<!–

DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン!

[campaign-dmmbitcoin]

さらに今だけ最大5,000円がもらえるWキャンペーン実施中!

口座開設後の取引額に応じて最大5,000円がもらえるお得なキャンペーンを実施中!

この機会をお見逃しなく!

[aside type=”boader”]

  • キャンペーン概要

新規口座開設で1,000円プレゼント!さらに取引完了で最大5,000円をプレゼント![/aside]

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]
–>

DMM Bitcoinの特徴!

取引可能な仮想通貨は全7種、通貨ペアは合計14種類!

DMM Bitcoinでは仮想通貨7種類のうちBitcoinとEthereumの2種類が現物取引可能で、その2種を含め全てでレバレッジ取引が可能です。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

アルトコインのレバレッジ取引ができるので、相場が停滞気味の時や、価格が下がる一方の時でも利益を出すことができる!

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

取引手数料、入出金(送金)手数料などが無料!

DMM Bitcoinは手数料が無料で取引することができます。
※ レバレッジ手数料を除き、手数料が無料。

さらに利益として得た日本円や現物の出入金も手数料無料です。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

PCブラウザはもちろん、スマホアプリにも対応!

PCでの取引も可能で、さらに見やすい画面のスマホアプリもあるのでトレードの幅が広がります。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント”]

スマホアプリなら外出中のもしもの時にでもすぐに取引をすることができます。

また自宅で取引をする時でも、PCに向かって座りながらだけでなく、スマホアプリなら楽な姿勢で取引できることもうれしいメリットです。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

万全のサポート体制あり!さらにLINEお問い合わせも可能!

<!– –>

DMM Bitcoinではお問い合わせフォームからの問い合わせに24時間365日対応可能なサポートなのですぐに連絡することができます。

※ 2019年2月1日(金)からLINEでの問い合わせが 「7:00から22:00(土日祝日含め365日対応)」 に変更になりました。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

仮想通貨の取引は、いつでも送金可能という特性から休日や祝日、深夜から早朝などと時間を選ばずに行えます。

ただ通常の取引所だとサポートの対応時間が10:00〜18:00までなどとなっているので、自分が頻繁に取引する時間にアクシデントが起こると途方に暮れることもあります。

さらに返信も一ヶ月返ってこないなどという取引所もある中、DMM Bitcoinのお問い合わせフォームは24時間365日対応しているので初心者でも安心です。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

初心者コンテンツも充実!

DMM BitcoinのDMM.comグループ会社らしいポイントですが、上の画像のように「仮想通貨の取引について」や「取引の流れ」、リスクなどについて解説しているコンテンツが充実しています。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

これから仮想通貨取引をはじめるという人はぜひ読んでおきましょう!

すでに取引を経験している人でも、取引所ごとに「板取引」や「販売所形式」などといった違いもあるので、復習の意味で一読してみることをおすすめします。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinに関するTwitterまとめ

DMM Bitcoin登録だん pic.twitter.com/GwkicaB7tO

— 暗号通貨王子 (@Bitcoin_Invest) 2018年1月10日

DMM Bitcoinの口座開設ハガキが郵送された模様。

手続きしてから2日弱くらいのスピード感。今なら早いですね。 pic.twitter.com/AjOkUlu235

— ポイン@仮想通貨ハイパーニート (@poipoikunpoi) 2018年1月12日

明日はDMM Bitcoin上がるかな〜楽しみや〜#XRP #リップラー八木 #リップル

— ぷちぱ☆八木ひなた🐐3.21ワンマン (@yagihinata) 2018年1月10日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMMグループ創設者の亀山会長もコメント!

DMMの亀山会長もDMM Bitcoinスタートを機に仮想通貨投資を始めるとのコメントをしています。

俺はFXもBitcoinも買ったことはないんだけど、流行りものなので始めます。ご利用お待ちしてまーす! https://t.co/BDu2jJzmOj

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

追記〜!
俺は買ったこともないけど、DMM Bitcoinのチームは証券や仮想通貨のプロ集団がやってるのでご安心をー!

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録方法

口座簡単は簡単3STEP

口座解説は3つのステップで簡単に登録することができます。

必要なものも「メールアドレス」だけで、あとは自分の情報を入力して「本人確認書類」を撮影してアップロードすれば完了です。

数日後にDMM Bitcoinから確認の葉書が届いたら取引を開始することができます。

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

さいごに

とうとう仮想通貨業界へ参入を果たしたDMM Bitcoin。

種類の豊富なアルトコインでレバレッジ取引ができて手数料無料など魅力が満載です。

確認の葉書が到着するまで数日かかるので、興味のある方は登録が混み合う前に早めの登録をおすすめします!

[box class=”blue_box” title=”関連記事”]
「DMM Bitcoin」が正式発表!DMMビットコインは2018年1月開設予定の7銘柄を取り扱う国内取引所!
[/box]

[aside type=”boader”]

DMM Bitcoinで開催中のお得なキャンペーンの詳細はこちら!

[kanren postid=”5259″][/aside]

DMM Bitcoinならアルトコインでレバレッジできる!XRPやXEMなど人気のアルトでレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinを始めよう!

[box class=”red_box” title=”「アルトコインでレバレッジ取引」が魅力の「DMM Bitcoin!!”]
XEMやXRP、ETHなど国内人気トップクラスの7種類のアルトコインのでレバレッジ取引できるのは「DMM Bitcoin」だけ!

アルトコインのボラティリティが激しい時こそレバレッジ取引のチャンス!

今なら新規登録で1,000円プレゼントキャンペーン実施中!!
[/box]

昨年12月に発表されたDMM.comグループの仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」。

先日の登録受付開始も話題になりましたが、とうとう取引が開始されて話題となっています。

本記事ではそんな 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン!

「2018年1月11日(木)~2018年3月31日(土)」 の期間限定で、DMM Bitcoinのリリース記念キャンペーンが開催中!

新規口座開設完了だけで もれなく1,000円プレゼント!

期間限定キャンペーンなので登録はお早めに!

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

DMM Bitcoinの特徴!

取引可能な仮想通貨は全7種、通貨ペアは合計14種類!


DMM Bitcoinでは仮想通貨7種類のうちBitcoinとEthereumの2種類が現物取引可能で、その2種を含め全てでレバレッジ取引が可能です。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

アルトコインのレバレッジ取引ができるので、相場が停滞気味の時や、価格が下がる一方の時でも利益を出すことができる!

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

取引手数料、入出金(送金)手数料などが無料!

DMM Bitcoinは手数料が無料で取引することができます。
※ レバレッジ手数料を除き、手数料が無料。

さらに利益として得た日本円や現物の出入金も手数料無料です。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

PCブラウザはもちろん、スマホアプリにも対応!

PCでの取引も可能で、さらに見やすい画面のスマホアプリもあるのでトレードの幅が広がります。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント”]

スマホアプリなら外出中のもしもの時にでもすぐに取引をすることができます。

また自宅で取引をする時でも、PCに向かって座りながらだけでなく、スマホアプリなら楽な姿勢で取引できることもうれしいメリットです。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

サポートが365日24時間対応!さらにLINEでも連絡可能!

仮想通貨取引所の対応としては例のない、24時間365日対応可能なサポートなのですぐに連絡することができます。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

仮想通貨の取引は、いつでも送金可能という特性から休日や祝日、深夜から早朝などと時間を選ばずに行えます。

ただ通常の取引所だとサポートの対応時間が10:00〜18:00までなどとなっているので、自分が頻繁に取引する時間にアクシデントが起こると途方に暮れることもあります。

さらに返信も一ヶ月返ってこないなどという取引所もある中、DMM Bitcoinの24時間365日対応可能、さらにはLINEでも問い合わせ可能というのは非常にうれしいポイントです。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

初心者コンテンツも充実!

DMM BitcoinのDMM.comグループ会社らしいポイントですが、上の画像のように「仮想通貨の取引について」や「取引の流れ」、リスクなどについて解説しているコンテンツが充実しています。

[box class=”green_box” title=”おすすめポイント!”]

これから仮想通貨取引をはじめるという人はぜひ読んでおきましょう!

すでに取引を経験している人でも、取引所ごとに「板取引」や「販売所形式」などといった違いもあるので、復習の意味で一読してみることをおすすめします。

[/box]

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinに関するTwitterまとめ

DMM Bitcoin登録だん pic.twitter.com/GwkicaB7tO

— 暗号通貨王子 (@Bitcoin_Invest) 2018年1月10日

DMM Bitcoinの口座開設ハガキが郵送された模様。

手続きしてから2日弱くらいのスピード感。今なら早いですね。 pic.twitter.com/AjOkUlu235

— ポイン@仮想通貨ハイパーニート (@poipoikunpoi) 2018年1月12日

明日はDMM Bitcoin上がるかな〜楽しみや〜#XRP #リップラー八木 #リップル

— ぷちぱ☆八木ひなた🐐3.21ワンマン (@yagihinata) 2018年1月10日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMMグループ創設者の亀山会長もコメント!

DMMの亀山会長もDMM Bitcoinスタートを機に仮想通貨投資を始めるとのコメントをしています。

俺はFXもBitcoinも買ったことはないんだけど、流行りものなので始めます。ご利用お待ちしてまーす! https://t.co/BDu2jJzmOj

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

追記〜!
俺は買ったこともないけど、DMM Bitcoinのチームは証券や仮想通貨のプロ集団がやってるのでご安心をー!

— DMM会長 亀山敬司 (@kameyama66) 2018年1月11日

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録方法

口座簡単は簡単3STEP

口座解説は3つのステップで簡単に登録することができます。

必要なものも「メールアドレス」だけで、あとは自分の情報を入力して「本人確認書類」を撮影してアップロードすれば完了です。

数日後にDMM Bitcoinから確認の葉書が届いたら取引を開始することができます。

[btn class=”rich_yellow”]
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら
[/btn]

さいごに

とうとう仮想通貨業界へ参入を果たしたDMM Bitcoin。

種類の豊富なアルトコインでレバレッジ取引ができて手数料無料など魅力が満載です。

確認の葉書が到着するまで数日かかるので、興味のある方は登録が混み合う前に早めの登録をおすすめします!

[box class=”blue_box” title=”関連記事”]
「DMM Bitcoin」が正式発表!DMMビットコインは2018年1月開設予定の7銘柄を取り扱う国内取引所!
[/box]

【BINANCE上場!】NEMとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるネム基礎知識!

NEM(ネム)とは、元はNew Economy Movementの略称で、送金速度や採掘アルゴリズム、汎用性などに優れた仮想通貨です。

[box class=”red_box” title=”価格急騰中!”]
NEM(XEM)が2018年3月20日に海外の超大手取引所「BINANCE」(バイナンス)へ上場しました!

それに伴い価格が高騰しいます!
関連記事 : 【速報】NEM(XEM)がBinanceに上場!価格が高騰中!!
[/box]

NEMの特徴

2014年1月にBitcoin Talkへ持ち込まれた企画から始まり、2015年3月にローンチされました。

ブロック生成時間(送金、承認時間)が非常にスピーディーで、手数料も比較的安価なことが特徴です。

NEMの優れている点として他に挙げられるのが「PoI」によるハーベスティングです。

またNEMはXEMの上限数を発行済みであり今後新規発行はありません。

NEMの概要

[table id=1101-001 /]

NEMのPoI(Proof of Importance、プルーフ・オブ・インポータンス)とは、NEMコミュニティへの貢献度(PoIスコア)によって報酬がもらえるシステムです。

既存の PoW や PoS と違い、高性能マシンや財力などにより一部のマイナーに報酬が偏らないというところに、「誰にでも平等に機会を与える」というNEMの思想が反映されています。

またBitcoin 2.0と呼ばれる第2世代の仮想通貨の代表格でもあり、Ethereum(イーサリアム)よりも簡単にスマートコントラクトを実装できるなど優秀な点を兼ね備えています。

NEMの価格推移

  • 2015年4月1日
    0.0004 USD
    約 0.05 円
  • 2016年6月1日
    0.010738 USD
    約 1.22 円
  • 2017年2月23日
    0.006826 USD
    約 0.77 円
  • 2017年5月8日
    0.111080 USD
    約 12.57 円
  • 2017年5月22日
    0.262118 USD
    約 29.66 円
  • 2017年6月17日
    0.09895 USD
    約 11.20 円
  • 2017年9月1日
    0.32737 USD
    約 37.04 円
  • 2017年11月2日
    0.169422 USD
    約 19.17 円
  • 2017年12月25日
    1.03 USD
    約 116.55 円

スタート直後の0.05円台から約2年ほどで116円にまで達するなど、驚異的な価格の上昇を見せています。

コアなファンやコミュニティに支持されて高い人気を誇る「NEM」

NEMはPoIという仕組みからもコミュニティなどが非常に活発なことが特徴です。

また国内取引所の「Zaif」(ザイフ)の朝山社長がNEM財団の理事を務めていることも有名です。

皆さんにご報告です。本日、私正式にNEM財団の評議会員として就任いたしました。ウェブサイトへの掲載はまだですが。今後もNEMの発展に貢献して参りますのでよろしくお願いいたします。

— Takao Asayama 🔗 朝山貴生 (@TakaoAsayama) 2017年6月5日

また送金時間の速さと人気の高さから、NEMでの支払いに対応する実店舗が増えてきています。

Beyond Bitcoin: Overstock Lets Customers Pay With More Than 40 Alt Coins https://t.co/DbNbIAxq6s #XEM #NEMAcceptedInOverstock pic.twitter.com/gR2HVoyhfa

— NEM (@NEMofficial) 2017年8月9日

Tweets by nembar_tokyo

ベルギービール(樽生6種ボトル300種) 664XEM~
マルゲリータピザ 901XEM
ムール貝のビール蒸し 1212XEM
チコリのグラタン 625XEM#zaif4xem

— ヨースケさん@サンタルヌー赤坂ベルギービール (@StArnouldnagoya) 2016年6月28日

[external-explan-air_drop]

NEMが買える海外取引所

[ex-ovse-Binance]

[ex-ovse-yobit]

[kanren postid=”2146″]

[ex-ja-XEM]

[kanren postid=”1989″]

YobitはNEMやLisk、CMSが買える!海外仮想通貨取引所ヨービットの魅力と登録方法を解説!

Yobitという仮想通貨取引所をご存知ですか?300種類を超える仮想通貨を取り扱っていると言われている海外取引所です。

Yobit の取り扱い通貨にはBTCなどの主要通貨の他に NEM (XEM) 、Lisk (LSK) 、 COMSA [ETH] (CMS) など国内でも取り扱いのある人気の通貨から、Dogecoin (DOGE)、Waves (WAVES)、TRON (TRX)、Verge (XVG)、DigiByte (DGB)、B2BX (B2B)などといった人気の通貨を取り扱っています。

本記事ではYobitの魅力と、Yobitの登録方法について説明していきます。

yobit

[btn class=”rich_yellow”]

Yobit 公式サイトはこちら

[/btn]

Yobitの概要

まずは簡単にYobitの概要からご紹介します。

Yobitは運営している母体がわかっていない取引所です。

英語・中国語・ロシア語に対応していることから、ロシアに開発母体があるのではないかと噂されています。

魅力の中でもご紹介しますが、取り扱い通貨数がほかの仮想通貨取引所とは桁違いに多いので

世の中ではほぼ無名な、いわゆる「草コイン」を探すのに有名になった取引所です。

Yobit 公式サイトはこちら

Yobitの魅力

取り扱い通貨が豊富!

Yobitと言えば、まずその取扱い通貨の豊富さが挙げられます。

その数はなんと、300種類以上!ビットコイン(BTC)やイーサリアム(LTC)と言ったメジャーなものから
聞いたこともないというような通貨まで豊富に揃っています。

しかし、一方で「聞いたことのない」通貨の中には、ほとんど価値のないような通貨も混ざっているということもあります。
たとえば、こちら。

この1か月取引がないように見受けられます。

こうした仮想通貨を大量に買ってしまい、あとで売却できなくて困るということのないように気を付けたいものです。

自己責任でまだあまり目立っていない通貨を少しずつ先物買いしていくという点においては、非常に魅力的な取引所と言えます。

Yobit 公式サイトはこちら

Dice(賭け)の機能がある

Yobitの少し面白いサービスの一つに「Dice」機能があります。

一言でいえば、仮想通貨を使って賭けができるということです。

しかも、下記のように賭けに参加したユーザーの勝ち負けの状況もすべてわかってしまうという機能付き。


日本では考えられない機能ですが、ゲーム感覚で楽しめるかもしれません。

Yobit 公式サイトはこちら

投資機能もある!

YobitにはInvestBoxという投資機能も備えています。
海外の取引所では比較的よくある機能のようですね。

指定された通貨を預け、一定期間経過後に配当として利率分が受け取れるという仕組みです。
上記画像がその利率表になっています。

Yobit 公式サイトはこちら

Yobitの登録方法

では、Yobitの登録方法について説明していきます。
メールアドレスさえあれば登録可能ですので是非挑戦してみてください。

まず、Yobitのサイトへ。

右上に「Registration」と書かれている部分をクリックして新規登録に移ります。

クリックすると、上記のような画面になります。
自分で任意で決めるユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。

パスワードはアルファベット大文字・小文字・数字が混ざっていることが必要です。

※ Yobitの場合、パスワードは8文字で記号は含まないものという制限があるようです。
※ 「Login」はユーザー名になるので、ご自分のユーザー名を好きに入力しましょう。

登録が完了すると、

このような案内が出ますので、登録したアドレスの受信ボックスを確認しましょう。

メールを確認すると、登録完了のためのURLがあります。そこをクリックします。

これで、登録自体は完了していますが、2段階認証を行って、セキュリティの対策をしておきましょう。

このようなメッセージがでますので、グレー文字Switch Onの部分をクリックすると、2段階認証の画面に遷移します。

右側の塗りつぶしのあるシークレットキーは、復元する必要が出た時に絶対に必要なキーなので、別途控えておきましょう。

2段階認証は、GoogleAuthenticatorで行います。無料アプリですので、スマホなどで検索してインストールしましょう。

この、青い〇がついているのがGoogleAuthenticatorのアプリです。起動させると、

このように、右上に「バーコードをスキャン」というメニューがありますので、ここを選択します。

カメラが起動しますので、そのカメラでQRコードをスキャンすると、アプリ上に6桁の数字が表示されます。

その6桁の数字をシークレットキーの下、「Authentication code」欄に入力し「Enable]キーをクリックします。

上記の画面が出てきたら正常に登録と認証が完了しました!
お疲れさまでした!!

このように、簡単に登録することが可能です。様々な仮想通貨を運用してみたいという方にはおススメの取引所です。

日本語対応はしていませんが、ぜひ挑戦してみてください。

[ex-ovse-yobit]

[aside type=”boader”]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所 
[/aside]


【コインチェック】緊急記者会見まとめ

2月13日20時よりコインチェックCOOの大塚雄介氏が緊急記者会見を開きました。

記者会見時の大まかな内容です。

・顧客へ401億円の出金申請は処理済み
・NEMの返金補償は円で行う NEMでは返金しない
・NEMの補填時期などは決定次第報告する
・事業は継続する予定

記者会見に和田社長は現れませんでした。
和田社長について辞める意向は正式に答えられないとのことです。

出金できて多少はコインチェックユーザーも一安心できたかと思われます。
あとはNEMの補填がどうなるかですね。

記者会見について詳しくはこちらの動画でご覧ください

https://www.youtube.com/watch?v=RMfDDNOZySo

ネム払いのお店が見つかる「NEMap」(ネマップ)が話題!NEMをもって街へ出かけよう!

まだまだ寒い日が続きますが、寒いからって家にこもってばかりいても健康に良くない!

そこで今日は、仮想通貨メディアらしく仮想通貨の「NEM」(ネム)で支払いができるお店をご紹介!

みんな大好きNEMを握りしめて、お散歩しながらお店へ行こう!

写真素材 : フクロウ・セグレゲイテッドウィットネス

NEMには「NEMap」(ネマップ)がある!

なんと、ご紹介するまでもなくすでにNEMが使えるお店がまとめてある「NEMap」が存在しています!

これさえ見れれば、「今NEMしかなかったんだ〜!」といういざという時にもばっちり大丈夫ですね!
NEMap

NEMapではNEMが使えるお店を随時募集中!

NEMapさんは、NEMapに追加する「NEM払いできるお店」を募集しているので、あなたが知っているけどまだNEMapに載っていない、もしくは自分のお店でNEM払い対応したから載せてほしい!という人もぜひ下のURLのフォームから応募してみましょう!
NEMap 情報提供

[kanren postid=”1101″]

Coincheckから盗まれたNEMがダークウェブで販売される

先日Coincheck(コインチェック)から不正に出金されたNEMが、ダークウェブ上で販売されているのではと報告されています。

5億 $XEM 盗難犯、暗号メッセージで資金洗浄のやり取りを交わす一方、XEMを乞食してきた人にダークウェブ上の暗号通貨交換サイトと思しきURLを返信。文面から「15%引きでXEM売るよ」という事らしい。何が仕掛けてあるか分からないので対象のURLへのアクセスは控えて下さいhttps://t.co/CSxpQNnD6S pic.twitter.com/otP3renRJ8

— 単眼愛(モノアイ) (@mono_i_love) 2018年2月7日

アドレスを監視していたユーザーが発見したもので、犯人が匿名のTorネットワーク上に独自の仮想通貨交換所を開設し、NEMを15%引きで販売しているらしき形跡が発見されています。

またこれらのサイトには安全面の問題からアクセスしないようにと注意を呼びかけています。

NEMハッカーが自ら交換所を立ち上げたそうです。これはさすがに思いつかなかった…しかもTor…盗んだ後の動きがトロいとか素人じゃね?みたいな憶測が飛び交っていたけど、最後の最後で映画みたいな動きになった / 詳細: https://t.co/d14hz7iZj8 pic.twitter.com/fO0Dch98g4

— がぶ (@gabu) 2018年2月7日

NEMを買うなら安心・安全の国内取引所がおすすめ!

[ex-jp-Zaif]

バーレーンのフィンテック企業SadadがNEMとパートナーシップ提携へ

NEM公式と、NEM関連のニュースを伝えるNEM FLASHが報じています。

#Sadad, a leading fintech company in Bahrain requested NEM UAE team to visit the kingdom. Read more here: https://t.co/f2p0oxJzOl pic.twitter.com/UHenRNGZ9q

— NEM (@NEMofficial) 2018年2月5日

2018年2月2日バーレーンのマナマ – バーレーンの主要ファインテック企業であるSadadは、包括的なデジタル決済プラットフォームを提供し、支払いをより簡単で便利にするためのさまざまな革新的な製品を実装しています。
彼らはUAEベースのNEMチームに、NEMと協力して彼らの関心事を訪問し、議論するよう要請した。
引用 : NEM breaks ground in the Kingdom of Bahrain – NEM News Website
※ 上記は原文を機械翻訳。

SADAD – Pay Anywhere, Anytime

今後SadadとNEMはパートナーシップを結び、Sadadのデジタル決済プラットフォームへのNEMの導入や、Nano Walletのサポートを検討しているとされます。

同メディアは今回の出来事について「NEM breaks ground in the Kingdom of Bahrain」(NEMはバーレーンの王国で地面を壊す)と表現しています。

NEMが買える国内取引所

[ex-jp-Zaif]

TOPへ