Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
ザイフ | Pepe Cashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるペペキャッシュの基礎知識! | No:22839 | page 2 of 2 | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報-2ページ

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

「 ザイフ 」 一覧

Pepe Cashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるペペキャッシュの基礎知識!

Pepe Cashとは、英語圏の巨大掲示板4chanから生まれた「レアペペ」を買うための仮想通貨です。

ペペキャッシュの特徴

Pepe Cash(ペペキャッシュ,PEPECASH)は、NY発の英語圏版2ちゃんねるともいわれる4cahnから誕生した仮想通貨です。

その経緯から「海外版モナコイン」とも呼ばれます。

[box class=”green_box” title=”関連記事”]
関連記事 : Monacoinとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるモナコイン基礎知識!
[/box]

ペペキャッシュの最大の特徴は通常の決済などに使用するためにつくられたのではなく、レアペペ(Rare Pepe)と呼ばれるカードを購入したり交換したりするために使用されることです。

いわゆる、デジタルトークンと呼ばれる仮想通貨と言えます。

ペペキャッシュは上限発行数をすべて発行が終わっており、総発行数が現在流通している数量と同数です。

ペペキャッシュの成り立ちとしては、カウンターパーティから作られた仮想通貨という点がポイントです。

カウンターパーティ(counter party)とは、ビットコインので展開されているオープンソースの金融プラットフォームのことで、ここでの基軸通貨はXCPという単位です。

既に260万XCPが発行済で今後増えることはないため、その価値は保証されています。

このXCPを使って独自に発行したトークンがペペキャッシュということです。

こうした成り立ちから、ペペキャッシュはビットコインのブロックチェーンを利用しているため、ぺぺキャッシュを利用する際にはビットコインも必要となりますので注意しましょう。

レアペペとは、このようなカードのことです。

一躍時の人となって、そろそろミナリンカードに買いが殺到するだろう(笑)
1000枚近く保有しているワイに抜かりは無い。 pic.twitter.com/N7ryWvRRuL

— 響@個人トレーダー (@Whiskey_bonbon_) 2018年1月30日

いわゆる「ポ◯モンカード」などのようなコレクションカードをイメージ頂ければいいと思います。

いまでは様々なキャラクターのカードがリリースされていますが、

レアペペはもともとMatt Furie氏が生み出したカエルのキャラクターが4chan内で人気となったことが発端です。

それがこちら。

かなりインパクトのあるキャラクターですね。

ペペキャッシュの概要

[table id=1799-01 /]

アプリでレアペペを楽しむ!

ではどうやってペペキャッシュを使ってレアペペをゲットするのかというと、アプリを使用します。

特に使いやすいと言われているのが、Book of Orbsというアプリです。

こちらのアプリをインストールし、登録することで「Rare Pepe」のゲームが楽しめます。

カードをゲットするには、もちろんペペキャッシュの準備とビットコインの準備も必要ですので、事前に取引所で購入しておきましょう。

ペペキャッシュの歴史(抜粋)

[table id=1799-02 /]

ペペキャッシュの価格推移


Twitterまとめ

PEPECASHもスンゲー面白い感じ。2.8円取得
これ凄く将来性感じるわ、しょうもない事(失礼)に使われるのが一番面白い、将来1枚100万のPEPEとか出てきそうだし。
集めたいけど、まだ全然、どっから手つけていいかわからん。 pic.twitter.com/zE9whiNcIj

— 響@個人トレーダー (@Whiskey_bonbon_) 2017年4月11日

上がる未来しかないから今日も仕込む
今しかないよ🐸安いよ安いよ🐸#pepecash#ぺぺキャッシュ #ザイフ#仮想通貨 https://t.co/4NnfsUi5so

— 氷柱@PEPE暗号通貨 (@tsurara_dq66) 2018年2月1日

#PEPECASH
でも逆に爆発力がまだまだ上がることが分かりましたよ!

・取引所がまだpepe買い込んでいない
・取引できるところ少ないため、発表時は今日のリスクよりも爆発ハンパない
・市場がまだまだペペに注目をしていない….

— PEx2 TO moonJPY ¥1∞0 (@pepe_fx_pleyer) 2018年1月31日

ペペキャッシュが買える国内取引所

Zaif(ザイフ)


[aside type=”boader”]

  • 現物取引はマイナス手数料だから取引すればボーナスがもらえる!
  • ユーザー同士で指値・成行の板注文ができる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]


[aside type=”boader”]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所 
[/aside]


ペペキャッシュが買えるおすすめ海外取引所

zaifで重大なエラーが発生!10億ビットコインが0円で購入できるエラー

仮想通貨取引所「Zaif」で重大なエラーが発生しました。

現在ビットコインの価格は115万円前後ですが、ザイフでなんとビットコインの価格が一時0円になってしまうエラーが発生しました。
そのエラー発生時に10億BTC分購入した方がおり、日本円で約2200兆円分のビットコインが販売されてしまいました。

ビットコインの発行上限は2100万枚のため10億枚はありえません。
しかしその存在しないビットコインを販売できてしまうことが問題となり、そうするとノミ行為が可能となってしまいます。
またエラー発生後、10億BTC購入した方のアカウントはロックされてしまったようです。

コインチェック事件が発生してまだ一月も経っていませんがまだまだ取引所関連の話題はつきそうにありませんね。

国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所17選

<!– [box class="green_box" title="ピックアップ!"]
[2488-praise_title-left] [2488-praise_title-mid] [2488-praise_title-right]
[2488-praise_desc-left] [2488-praise_desc-mid] [2488-praise_desc-right]

[/box] –>

[box class=”green_box” title=”ピックアップ!”]
[colwrap]
[col3]

[2488-praise_title-left]
[2488-praise_desc-left]

[/col3]
[col3]

[2488-praise_title-mid]
[2488-praise_desc-mid]

[/col3]
[col3]

[2488-praise_title-right]
[2488-praise_desc-right]

[/col3]
[/colwrap]
[/box]

ビットコイン、アルトコインはどこの取引所で購入、取り引きしていますか?

取引所にはそれぞれメリット・デメリットがあり一長一短といった感じで、仮想通貨を保有・取り引きするためには複数の取引所にアカウントを開設しておくことが一般的です。

本記事では、国内と海外の取引所の中から人気のある取引所をおすすめします。

「欲しいコインがある」、「手数料を安く抑えたい」、「長期保有したいから安心安全な取引所を知りたい」、「短期取引メインだから人が集まる取引所が知りたい」などなど、仮想通貨に求めるニーズは多岐に及びます。

どの取引所で扱われている仮想通貨の人気がいつ上がるかは、誰も予想できないのが仮想通貨取引です。

またその仮想通貨が、自分が登録している取引所で扱われていたとしても、サーバー障害などのアクシデントで即座に対応できない可能性もあります。

機会を失ってしまう前に、主だった取引所へは早めに登録を済ませておきましょう。

[external-explan-air_drop]

仮想通貨・ビットコインの取引所を選ぶときのポイント!

取り扱い通貨 手数料
購入したい、投資したい仮想通貨を扱っているかを確認しましょう。 短期トレード・FXはもちろん長期・積立投資においても手数料は重要なポイントです。
ツール・スマホ対応 仮想通貨・ビットコインFX
PCでの操作、スマホ対応有り無しを確認して自分に投資スタイルに合っているかを確認しましょう。 仮想通貨市場は高いボラティリティによるFXも魅力!現物だと買えない量でもFXなら稼げるチャンス!追証の有無やレバレッジが何倍かも重要なポイントです。
セキュリティ 会社の信頼度
ビットコイン・仮想通貨は常にハッキングリスクと隣り合わせです。コールドストレージなどセキュリティ対策も確認しましょう。 運営会社の資本金や金融庁登録の有無、業界団体への参加なども仮想通貨取引所には重要な要素です。※国内の交換業者は金融庁への登録が必須です。

取引所比較まとめ一覧


[rank-101-bitpoint]


[rank-101-dmm]


[rank-101-gmo]


[rank-101-bitbank]


[rank-101-quoinex]


[rank-101-zaif]


[rank-101-bitbanktrade]


[rank-101-bittrade]


[ex_list_ovse]

[external-explan-air_drop]


<!– Templete


[aside type=”boader”]

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]
–>


仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)がテレビCMを開始!剛力彩芽さん起用

国内取引所のザイフがテレビCMを開始しました。

CMには女優の剛力彩芽さんを起用していますね。

ビットコインも価格が上昇している中、ZAIFトークンも上昇中です。
ザイフトークンの急上昇はテレビCMが起因しているのではないかと思われます。
またCOMSAトークンも上昇しているので、zaif関連のトークンは伸びていますね。

このままCMの力でどこまで伸びるか期待が持てますね。

https://www.youtube.com/watch?v=-3xBa2_Yn4w

Zaifトークンが買える国内取引所

Zaif(ザイフ)


[aside type=”boader”]

  • 現物取引はマイナス手数料だから取引すればボーナスがもらえる!
  • ユーザー同士で指値・成行の板注文ができる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]


[aside type=”boader”]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所 
[/aside]


ジャパンネット銀行がZaifを運営するテックビューロ社とブロックチェーン実証実験を開始!

ジャパンネット銀行とテックビューロ社が世界初となるmijinとHyperledger Fabricの2つのブロックチェーンを連携させた業務プロセスへの活用とその有効性を検証する実証実験を開始しました。
世界初!mijinとHyperledger Fabricを連携。 ジャパンネット銀行とテックビューロが、契約書締結過程でのブロックチェーン適用を検証開始。 | mijin


Hyperledgerのスポンサーをされてる富士通が、それと連動させてmijinの実証をして下さるのは何とも感慨深いです。そして、採用して下さったジャパンネット銀行の皆様、ありがとうございます。先進的な金融機関によるクロスチェーンの実証となるはずです。 https://t.co/zkyOC0Ri9c

— Takao Asayama 🔗 朝山貴生 (@TakaoAsayama) 2018年2月6日

本実証実験の目的
本実証実験は企業間の契約書締結時における、ファイルの閲覧・編集などの作業履歴および合意締結に至るまでの承認プロセスの、管理コスト削減を課題としています。契約書の締結には紙やメールを手段とし、内容の確認から合意にいたるまで当事者間で度重なるやり取りが行われています。この課題に対するブロックチェーン技術の有用性を検証するため、ブロックチェーンで履歴の管理を行い、契約書のペーパーレスおよび業務効率化の実現可能性を検証します。

本実証実験では、ファイルから取得される固有情報(ハッシュ値)を2つのブロックチェーン上に記録し、誰がいつその契約書を確認し合意したかを相互に参照できるようにします。また2つの異なるブロックチェーンの技術交流と連携を計ります。
引用 : 世界初!mijinとHyperledger Fabricを連携。 ジャパンネット銀行とテックビューロが、契約書締結過程でのブロックチェーン適用を検証開始。 | mijin

同プレスリリース内では本実証実験の目的の他にも、本実証実験のスケジュールや本実証実験におけるmijin®の役割についても説明しています。

またテックビューロ社の朝山貴生代表取締役が自身の公式Twitterにて下記のように発言していることから、今後のmijinやCatapult、そしてICO案件の控えているCOMSAなどとテックビューロ社の今後の動向に期待が高まっています。


今年は実験ではなく実例でたくさん出ます。 https://t.co/DwqrOOdMdy

— Takao Asayama 🔗 朝山貴生 (@TakaoAsayama) 2018年2月5日


mijinは唯一、2年以上実用レベルにあるプライベートブロックチェーン製品です。数多くの未発表案件を含めて、着実に裏方として世界に浸透していっています。その更に裏を支えるのが実績のあるNEMプロトコル。近く迫るカタパルト公開にもご期待下さい。 https://t.co/jm6V4JDh0b

— Takao Asayama 🔗 朝山貴生 (@TakaoAsayama) 2018年2月5日

[box class=”blue_box” title=”関連記事”]
関連記事 : テックビューロがCOMSAの態勢整備強化を発表
[/box]

[ex-jp-Zaif]

テックビューロがCOMSAの態勢整備強化を発表

テックビューロ社がCOMSAの態勢整備の強化に着手したことを発表しています。

2018年2月3日にテックビューロ社によりCOMSA公式サイトから報道関係者向けにアナウンスされたもので、強化に至った背景に加え今後の展開について記載されています。

今後の展開

ICOプラットフォームビジネスを仮想通貨交換業として位置づけるためには、ICOプラットフォームビジネスを資金決済法に定めるルールの下で運用するために必要な態勢を整えることが必要になります。

当社の実施するICOプラットフォームビジネスは、仮想通貨の販売等を媒介を行うものとして、仮想通貨交換業に該当するものと考えられ、仮想通貨取引所ビジネスと同様、法令による適切な管理のもとで、適法な事業としてICOトークンの販売を取扱うことができるととらえております。

これにより、現在、COMSAプラットフォーム上でのICOを検討している企業の皆様には、法的なリスクを軽減した形でICOを実施いただけることになると考えております。

ICOについては、まだ各国でその規制体系が決まっておらず、世界的に不安定な状況下での実施を余儀なくされていますが、当社では、いち早くこれを制度上のビジネスモデルとして位置づけることで、ICOの規制上の取扱いを明確化し、世界のICO実務をリードしてまいる所存です。
引用 : COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢整備の強化について | COMSA

COMSAプラットフォームによるICOは現在まだCOMSAのみとなっていますが、株式会社Looopや株式会社クリプトマイニングジャパンなど、すでに複数社によるCOMSAのトークン発行検討がなされていることが発表されており、開始の時期などに注目されれいます。

Zaif(ザイフ)


[aside type=”boader”]
  • 国内でCOMSAトークン「CMS」が買えるのは「Zaif」だけ!
  • 現物取引はマイナス手数料だから取引すればボーナスがもらえる!
  • ユーザー同士で指値・成行の板注文ができる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!

[/aside]
[btn class=”rich_yellow”]公式サイトはこちら [/btn]

TOPへ