Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
【鬼滅の刃】 ネタバレ 29話 「那田蜘蛛山」 詳細 文字バレ 感想まとめ | No:20029 | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

【鬼滅の刃】 ネタバレ 29話 「那田蜘蛛山」 詳細 文字バレ 感想まとめ

   

【鬼滅の刃】 ネタバレ 29話 「那田蜘蛛山」 詳細 文字バレ 感想まとめ

CbUxJN3UAAAyLvW

735: 2016/09/08(木) 17:43:17.26
第29話 那田蜘蛛山
扉絵 蜘蛛の巣の上に立つ鬼の足
煽り ようこそ蜘蛛の巣へ――

本文煽り 善逸、痛恨のボッチ!

山の入り口手前、膝を抱えて地面に座る善逸
善逸(俺 嫌われてんのかな 普通置いてくか? 仲間を道ばたに 説得しない? 仲間なら
  二人で説得してくれたらさ 行くからね 俺だって)
炭治郎と伊之助二人に説得されている光景を妄想する善逸
しかし現実は善逸を置いて山に向けて走り去る二人の背中だった
善逸(それなのにさ 三人でさ 怖い山の中へ すたこらさっさですか
  置き去りにされた俺の気持ちよ)
ぼんやりと山を見ている善逸にチュンチュンと鳴きかける雀
雀「チュン」(いじけてもしかたないよ) 「チュン」(早く仲間を助けに行かなくちゃ)
善逸「いいなお前は気楽で…何もわかんないよな人間のことなんて」
ハアとため息を零す善逸 鳥語が伝わっておらずショックを受けた雀が、善逸の手の甲を嘴で思い切り啄ばむ
善逸「イデデデデデ!! お前っ…可愛くないよほんとにそういうとこ!! もぅほんと全然可愛くない」
  「鬼の禰豆子ちゃんがあんなに可愛いのに 雀のお前が凶暴じゃ…」
善逸の手のひらの上でそっぽを向く雀
善逸、走り去った炭治郎の姿を思い出す 禰豆子の箱を背負って去っていった
善逸(あ゙――――!! あいつ!! 禰豆子ちゃん持ってったァ!!)
立ち上がって山に向けてすごい勢いで走り出す善逸
善逸「なんで俺の大事な禰豆子ちゃん持ってってんだぁ――!! とんでもねぇ炭治郎だ
  危ないトコ連れてくな女の子を!! 馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!! 禰豆子ちゃあん!!」
善逸、猛ダッシュで炭治郎たちが入っていった山道に駆け込んでいく

キリキリキリと軋む音が響く 意識の無い鬼殺隊員たちが刀を持って切りかかってくるのを容易く避ける伊之助
伊之助「アハハハハッ ハッハァ――ッ」
  「こいつらみんな馬鹿だぜ!! 隊員同士でやり合うのが御法度だって知らねえんだ」
炭治郎「いや違う!! 動きがおかしい 何かに操られている!!」
伊之助「よし じゃあぶった切ってやるぜ!!」
炭治郎「駄目だ!! 生きてる!! まだ生きてる人も混じってる それに仲間の亡骸を傷つけるわけにはいかない!!」
伊之助「否定ばっかするんじゃねぇ!!」
炭治郎の腹めがけて頭突きする伊之助
意識のある隊員と意識が無いまま操られている隊員が刀を交えている そこに新たに意識の無い隊員が
刀を振り上げて切りかかる 意識の無い隊員二人をそれぞれ食い止める炭治郎と伊之助
その時、隊員に何かの匂いを感じ取る炭治郎
炭治郎(背中側 甘い……奇妙な匂い!!)
倒した隊員の背中側の宙に刀を振るう炭治郎、何かが切れ、操られていた隊員がその場にうつ伏せに倒れ、動きを止める
炭治郎「糸だ!! 糸で操られてる!! 糸を切れ!!」
伊之助「お前より俺が先に気づいてたね!!」
二本の刀を持ち、隊員たちの背後の糸を切っていく伊之助
炭治郎(敵はどこだ 操っている鬼の位置!!)
その時、炭治郎が先刻の甘い匂いとは違う異質の匂いを嗅ぎ取る
炭治郎(うっ!! 何だ!? すごい刺激臭だ 一瞬だけど…)
カサカサという微かな音 気づくと炭治郎の腕に尻から糸をたらす蜘蛛がいる
気づいた途端、糸が張られ腕を引かれるが、もう片方の手に持った刀で蜘蛛の糸を切る炭治郎
気づけば足元には無数の蜘蛛が蠢いていた
炭治郎(蜘蛛? 蜘蛛が操り糸を繋いでいるのか !! ということは…!!)
伊之助と二人、糸を切って動きが止まっていた担任たちが、再び立ち上がり始める
炭治郎「糸を切るだけじゃ駄目だ!! また蜘蛛が操り糸を繋ぐ!! だから…」
  (ぐっ また刺激臭!! なんだこれは 風に乗って流れてきてる)
足元に寄ってくる蜘蛛から飛び跳ねて逃げる炭治郎

続きます

続きを読む 続きを読む

 - 鬼滅の刃

TOPへ