Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/mangabl/mangabl.wpblog.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
【進撃の巨人】ネタバレ 85話 「地下室」 絵バレ 詳細 文字バレ 感想 まとめ(画像あり) | No:19738 | 海外仮想通貨速報 | 海外仮想通貨速報

海外仮想通貨速報

海外の仮想通貨の速報です

【進撃の巨人】ネタバレ 85話 「地下室」 絵バレ 詳細 文字バレ 感想 まとめ(画像あり)

   

【進撃の巨人】ネタバレ 85話 「地下室」 絵バレ 詳細 文字バレ 感想 まとめ(画像あり)

7aa4fd11

421: 2016/09/06(火) 12:51:30.16
地下室に辿り着いてるやったあああああああ

『地下室』

--------------------------------------

【回想】

ベルトルトが超大型巨人になる
その際、強風と衝撃が吹き荒れる

建物の影に隠れるミカサ、アルミン
(エレン達とは離れた場所にいる)

ミカサ
「アルミン!!伏せて!!」

【回想終了】

--------------------------------------

【アルミン夢】

アルミンの目の前には
左半分骸骨の超大型巨人

no title

超大型巨人の右目から涙が出ている
目を見開いているアルミン


「痛い…痛いよぉ…」

【夢終了】

--------------------------------------

【壁上】

壁上で目を覚ますアルミン

アルミン
「ベルトルト…」


「痛い…」

アルミン
「!?」

アルミンが隣を見ると
寝ているサシャの姿

サシャ
「うぅ…痛いよぉ…」

アルミン
「…!?サシャ!?」

サシャの様子を見るアルミン

アルミン
「…ヒドイ怪我だ!!
 何でこんな…」

そこへエレンがやって来る

アルミン
「!エレン…これはー…」

エレンがアルミンを抱きしめる

no title

エレン
「よく…戻ってきた」

アルミン
「え?」

リヴァイもやって来る

リヴァイ
「起きたか」

アルミン
「兵長…これは?
 こうなった記憶がないんです」

リヴァイ
「だろうな」

アルミン
「え?」

リヴァイ
「エレン、ありのままを話せ」

エレン
「…(汗」

リヴァイが上空に信号弾を放つ
壁下の家や屋根に居るコニー達が
その信号弾を見る

--------------------------------------

ジャンは他に生存者が
いないという説明をする

ハンジもエルヴィンに
注射を使いって欲しかった派

アルミンは団長の代わりを
期待されてる訳じゃない

リヴァイは注射する事を
アルミンに決めたというより
私情でエルヴィンの死に場所を決めた

サシャの寝言うるさく、
いびきもうるさい

ハンジはもう団長を
継いでいる気持ちでいる

エルヴィンの遺体は
廃屋に置かれている様子

--------------------------------------

場面が代わり…

エレン、ミカサ、リヴァイ、ハンジが
エレンの家までの道を歩いている

ハンジ
「幸い、火はこっちに来てないね」

エレン、ミカサが立ち止まる

ハンジ
「…この家かい?」

あの日と同じままの崩れた家
家を見つめるエレン、ミカサ

no title

近くの草むらにカルラの靴が
落ちている描写

崩れた家の地下室に入る為に
一同が瓦礫をよける事に

瓦礫を片付ける際、
エレンが昔の事を回想する

--------------------------------------

【回想】

エレン
「何で地下室に入っちゃ
 ダメなんだよ?」

カルラ
「お父さんの大事な
 仕事道具があるからだよ」

エレン
「ねぇ、父さん
 いつになったら
 地下室見せてくれる?

グリシャ
「さぁ…お前が一番大事な物に
 気付いた時かな」

エレン
「…何それ」

【回想終了】

--------------------------------------

瓦礫の撤去を終えた一同
地下へ続く扉を開けてみる

no title

ハンジ
「よかった…
 水は溜まってないみたいだ」

緊張した顔のエレン
横目でそれを見ていたミカサが
エレンの肩に手を置く

ミカサ
「行こう」

階段を降りていく一同
再びエレンが回想する

--------------------------------------

【回想】

グリシャ
「エレン、どうして
 外に出たいんだ?」

エレン
「外の世界がどうなっているのか
 何も知らずに一生壁の中で
 過ごすなんて嫌だ!!」

カルラ
「ちょっと…あなた
 エレンを説得して!!」

グリシャ
「カルラ…人間の探究心とは
 誰かに言われて
 抑えられるものではないよ

 …エレン、帰ったら…
 ずっと秘密にしていた地下室を…
 見せてやろう」

グリシャが首元の鍵を見せる

【回想終了】

--------------------------------------

【地下室の階段】

階下まで下りたエレン達
目の前には錠のついた扉
エレンが首元の鍵を手に取る

no title

リヴァイ
「開けろ」

エレンが錠に鍵をはめるが…

エレン
「うっ!!」

ハンジ
「どうした?」

ミカサ
「エレン?」

リヴァイ
「?早くしろ」

エレン
「…これ、この鍵…
 この扉の鍵じゃない…」

ハンジ
「え?」

ミカサ
「そんな…イェーガー先生が
 持ってたのは、その鍵のはず」

エレン
「…(汗」

リヴァイ
「…どけ、俺が開ける」

ハンジ
「え!?ちょっと!?」

リヴァイが扉を蹴破る

no title

ハンジ
「…待ってよ」

エレン&ミカサ
「…」

蹴破ったドアの隙間から
中に入っていく一同

--------------------------------------

【地下室の部屋】

部屋にはクモの巣が張っており
机、棚、箱などが置かれている

箱の中には束ねたモノが入っていたり、
棚には瓶のようなモノが複数並ぶ

机の上には天秤、アルコールランプ、
本、資料、手紙のようなモノがある

更に天井には電線のようなモノもある

no title

グリシャの机を調べて見ると
引き出しに鍵穴がある事に気付く

エレンがその鍵穴に鍵をいれる
すると引き出しの鍵が開く

エレン
「…開いた…」

エレンが引き出しを開ける
だが中には何も入っていない

エレン
「空ー!?」

リヴァイ
「よく見ろ、二重底だ」

引き出しの二重底の蓋を開けると
中には3冊の本が入っていた

ハンジ
「この匂いはハッカ油に木炭
 防湿防虫用に加工されてるのか
 …本が3冊」

リヴァイ
「俺達の探し物はこれらしい」

no title

ミカサ
「…」

エレン
「親父は…オレに…
 何を見せたかったんでしょうか?」

リヴァイ&ハンジ
「…」

緊張している様子のエレンを
リヴァイ、ハンジが無言で見る

3冊の本を机の上に置く一同
エレンが1冊の本に手をやる
その本にミカサも手を乗せる

視線を合わせるエレン、ミカサ
エレン、ミカサが本を開く

no title

--------------------------------------

【トロスト区】

少し時間が進む…
会議室で話すピクシス他幹部達
ナイルがエルヴィンの事を話す

訓練兵時代のナイル、エルヴィンが
授業を受けていた時の事…

ナイル
「エルヴィンはこう質問しました

 【壁の外に人類がいないって
  どうやって調べたんですか】…と

 壁の外をロクに出歩けない以上
 人類が皆、巨人に食われたとは 
 断定できない…と」

ザックレー
「本人(エルヴィン)に
 直接詫びる他あるまい」

ピクシス
「もう夜が明ける頃か…
 英雄の凱旋となるなら、
 もうじき…」

そこへ走ってくる兵士

兵士
「只今、調査兵団が…
 帰還致しました!!」

ピクシス達
「!!」

兵士
「ウォールマリア奪還!!
 成功です!!」

街では歓喜に沸いている人々の姿
そして戻ってきたエレン達一同

乗ってきた馬は3頭の様子
(ジャン達の姿が確認できない)

エレン、ミカサ、リヴァイ、ハンジ
4人の後ろ姿には哀愁が漂う

no title

--------------------------------------

【回想】

エレン、ミカサが本をめくる
中には3人の人物が映った写真
(エレン達は写真を知らない)

エレン
「これは…」

ミカサ
「肖像画?」

ハンジ
「イヤ…人が描いたとは
 思えない程の精巧さだ…」

エレンナレーション
「【それ】の裏には父の文字で
 こう記されてあった」

グリシャメモ
【これは絵ではない

 これは被写体の光の反射を
 特殊な紙に焼き付けたもの

 私は人類が優雅に暮らす
 壁の外から来た

 人類は滅んでなどいない】

写真に映っている子供と
その両親と思われる人物

子供はジークに似ており
男性はグリシャに似ている

no title

http://jump-netabare.seesaa.net/article/440696354.html

424: 2016/09/06(火) 12:51:51.91
これ注射打たれて記憶を継承したのがアルミンでなく
コマンダーハンサムだったら飛躍的に話の展開が進んだだろうな

425: 2016/09/06(火) 12:51:58.12
no title

429: 2016/09/06(火) 12:52:19.93
エレンミカサリヴァイで瓦礫どかしてるな

432: 2016/09/06(火) 12:52:47.91
>>429
ハンジもいる

続きを読む 続きを読む

 - 進撃の巨人

TOPへ